>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

全てZOOMを使った『オンライン授業にて開催しております。

 

こんにちは!
クリエイティブ・ディレクター/プロデューサーの
加藤一郎です。

最近、よく、こんな悩みの相談を受けます。
みなさん、ほんっとに悩んでいるみたいですね・・・。

 

よく寄せられる悩み

よく寄せられる悩み

・進み方が遅い。スピーディーにブレークスルーして突き抜けたい!
・ライバルとは違う”自分だけの独自ポジション”が欲しい!
この先、どういう展開をしていけばいいのか、まったく想像ができない。アイデアがない
そこそこ売れているんだけど、楽しくない。お客さんが好きでもない。
・起業したいけど、自分にどんな価値強みがあるかわからない。
・売れるために、先生や知り合いをSNSで義務のようにタグ付け相互紹介したりするのが精神的に辛くなった。
・アクセスを稼ぐために毎日、3記事、4記事、5記事とアメブロを書くのがになった。
・最初は売れたのに、その後、リピーターがこなくなって売れなくなった。
・毎月、新規顧客をとらないとビジネスがもたない・・・正直、疲れた

そんな悩みを解決するのが
『新世界ブランディングの学校』です。

 

この学校は、今までなかった「新しい価値」と「新しい世界」をつくりだし
持続可能な経済的自立・安定」と「楽しさ」を同時設計しながら、
自分もお客さんも最高に楽しめる人生を選びたい人のためにつくりました。

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

この学校は、こんな人向けです。

●スピーディーにブレークスルーして、突き抜けたい!突き抜けた存在になりたい!
●今、ビジネスをしているが、自分の心の奥底には、クリエイティブマインドが潜んでいる。
●ただ単にお金を稼ぐだけのためのビジネスは正直、面白くないと思っている。
●ストレスフリーな状態でビジネスがしたい。
●コンテンツビジネス、オンラインビジネスをつくりたい!
●好きなアーティストがいる!
●クリエイティブな世界が好きだ!
●自分のキャラが堅くて、いまいち親近感を打ち出せていない。本当はもっと楽しさを打ち出したい!
●イノベーションしたい!新しい世界をビジネスを通じて作りたい!
●自分(自社)の世界を創り上げ、世に広めて、そこに人を集めていくビジネスや生き方をしたい
●自分の思考と視点を広げ、深め、そして、言葉で表現し、それに惹きつけられる人を増やしたい
●1ミリでもいいから、日本や世界を動かしてみたい!
●これから会社を辞めて独立をするが、何を準備しておけばいいのか?どのように進めていけばいいのかわからない。
●同業他社と似たようなコンテンツしか持っていないので、顧客に突き刺さるものが作れなくて困っている。
●どのように成長させていけばいいのか?の展開イメージがうかばない。
●ブログやメルマガを一生懸命、書いているにもかかわらず売れない。
●将来、出版をしたい、または、出版の予定があるが、初めての経験なので、どのような戦略を組んでいけばいいのかわからない
●自分をどのようにブランディングし、プロデュースしていけばいいのか、コンセプトや戦略のアイデアが浮かばない。
●自分が動かなくても収益が上がる継続課金ビジネスモデルを作りたいが、何をどうすればいいのかわかならない。
●加藤と同じようなプロデューサーになりたい!
●加藤と一緒にいることで、自分の密度と価値をアップしていきたい!
正直、面白い自分になりたい!モテたい♥

こんな方は、ぜひご参加ください。
あなたのさらなる『未知の可能性』が目覚め、
「ゴゴゴゴゴゴ・・・」とあなたの未来が動き始めるはずです。

有限会社イー・グルーヴ 代表取締役
共著に『ザ・スタート』(フォレスト出版)がある。
経営者からアーティスト、タレントまで、無名だった新人を次々と発掘、ブレイクさせてきたプロデューサー。 他にも、コンテンツディレクター、コピーライター、マーケター、CGデザイナー、プログラマーと複数のスキルを持つ。起業家デビューは、1999年。上場企業や国家ITプロジェクト向けに、最先端のマルチメディア技術を開発・提供するIT企業としてデビュー。 同時に、エンターテイメント業界においても、ガンダム、ワンピース、ドラゴンボール、NARUTO、仮面ライダーなど、 BANDAIアニメ関連の舞台イベント脚本、絵コンテ、演出、3DCGアニメーション映像制作まで行うなど、デジタル業界とアナログ業界とマルチに活動。
2010年、「日本では広まらない」と言われていた Facebookのブームを日本に巻き起こす仕掛けを作り、 当時、発掘した全く無名だった主婦を Facebookの第一人者としてデビューさせ、コンセプト・構成をプロデュースした 彼女の著書は、IT業界では異例の5万部のベストセラーに。2005年から現在まで、ディレクションを行ってきた経営者の数は、5000名以上。

メディア掲載履歴


Facebookページ『パーソナルブランディング研究会』は、
フォロワー数2500名突破!

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

この学校は、いったい何を学ぶ学校なの?

スピーディーブレークスルーを手に入れ、

あなたの(会社)の創りだす世界が好きだから、もう何でも買います!ずっと買います!というお客さんに囲まれる。

新規顧客獲得に疲弊せず、
ストレスフリーで、LTV(顧客生涯価値)を最大化させる構造を手に入れる。

そして、あなたの活動を応援協力してくれる強力な協力者が次々と現れる

そんな状態を手に入れるビジネス手法を学ぶ学校です。

これまで、20年、様々な起業家やメディア、事業をプロデュースし、
数々のブレイクを生み出し続けてきたプロデューサーが、
現場の経験と実績から生み出したノウハウ、理論を直接伝授します。

これまで数々の起業家タレントアーティスト達が、
この手法を使うことでブレイクし、経済的な自立成功最高にエキサイティングな人生を手にしています。

あなたも、ぜひ、悪性ストレスのない経営スタイルを手に入れ、
利益を最大化し、ブレイクと新しいステージを手にしてください。

いままでの苦悩はいったいなんだったんだ!というくらい壮快な毎日と、
自分がここまでいけるって想像したことなかった!やるじゃん自分!という嬉しい未来が手に入ります。

 

大丈夫です。あなたもできます。一緒に実践していきましょう!

現在は、全て、ZOOMを使った『オンライン授業にて開催しております。
日本全国・世界各地・自宅から受講していただけます。

>今すぐ申込みます!という方はこちらをクリック!

 

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

 

ゼロから起業後、税理士事務所を5店舗、年商1億円も軽く突破!脳梗塞リハビリのお店を2店舗、ラーメン店1店舗を経営!Youtubeチャンネル登録者数は4.3万人を突破!



ゼロから起業後、税理士事務所を5店舗展開し、年商1億円も軽く突破!税理士という肩書きにとらわれず、脳梗塞リハビリのお店を2店舗、ラーメン店1店舗を経営(現在、多店舗展開計画を進行中!)!独自のエンタメ感バリバリな世界観のYoutubeチャンネル(やりすぎ節税チャンネル)の登録者数は4.3万人を突破!(税理士・事業家 永江理憲さん)

 

世界初のペット用浄水器の発明とアメリカ全土進出。テレビ東京ワールドビジネスサテライトでも大きく取り上げられ、大ヒット


世界初!の『ペット用浄水器』を発明し、審査通過率1%以下と言われるアメリカの審査会を通過し、全米での販売流通網を獲得!2016年全米での販売に進出。「米国特許」を獲得(US10053377)。
テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』でも大きくとりあげられ、その後、購入者と販売代理店が殺到!(浄水器販売メーカー 小野志郎さん)

 

上場企業からインスタグラムプロモーションの案件を続々と受注!さらに、別の飲食事業でイタリアの有名大企業からオファーが入りイタリア進出。現在、数億円のプロジェクトが進行中!

インスタグラムプロモーション代行事業で上場企業からの案件を次々と受注。

別の飲食事業でイタリアの有名大企業からオファーが入りイタリア進出。現在、数億円のプロジェクトが進行中!(実業家・松枝明葉さん)

 

著書が5万部の大ベストセラーに。その後、NHK地上波番組にてレギュラー出演

2010年「日本では広まらない」と言われていたFacebookのブームを日本中に巻き起こす仕掛けを作り、当時発掘した全く無名だった50代の女性をFacebookの第一人者・著者としてデビューさせ、その著書は、5万部の大ベストセラーに。それが話題となり、NHKでも彼女のドキュメンタリー番組が制作され、のちに彼女は、NHK地上波でレギュラー番組を持つまでに。(ソーシャルメディア研究家 熊坂仁美さん)

 

マドンナ、ブラッド・ピットの指名する世界的権威のパーソナルシェフとのコラボに成功。現在は、共同で経営するまでに。

当時、まだ無名だったパーソナルシェフの出張サービス経営者が、マドンナ、ブラッド・ピットなどが直接指名するパーソナルシェフの世界的な権威である西邨マユミ氏と、まったくのつてがなかった状態だったにもかかわらず、レギュラーでコラボする関係に。現在は、共同で学校を運営。(ハレルヤパーソナルシェフサービス経営者 松本敏弘さん)

 

2014年、日本の法律を変えることに成功「改正災害対策法」

トラックメーカーの社長が、緊急車両業界を健全化し、新たな需要を作るために、国の「災害対策基本法」の改正に成功。2014年10月国会で審議通過。翌月11月に「改正災害対策基本法」として施行。
同月に大規模自然災害が発生したため、すぐにその法律が実行され、多くの人命が救われました。 そして、法律が動くことにより新たな需要を創造。(世界中に拠点を持つ某・トラックメーカーの社長)

 

地域密着型の写真館が、『姫フォト®』というコンセプトをつくり、ブレーク!毎月大勢の方が殺到する写真館に!

「写真館というのは、記念日になる七五三や結婚等の時しか需要がない・・・。」と悩んでいた写真館が、「姫フォト®」という新たな需要としてのコンセプトを生みだしたことで毎月、地域の大勢の年配の女性、主婦、そして、お子さんまで集まる人気写真館になり、新聞でも掲載!(写真館経営 北山美幸さん)

 

「障害を能力に変える環境作り」というコンセプトがヒット!全国区へ波及!

(NPO法人アダプティブワールド 理事長 / 人気教室学園 校長 齊藤 直さん)

 

世界的ベストセラー本の日本語版の翻訳出版交渉に成功!5年経過してもランキングトップのベストセラー&ロングセラーに!さらに、恋愛・人間関係の世界的権威ジョン・グレイ博士との対談に成功。

2016年に発売された本が5年後の2021年でもアマゾンランキング「恋愛・結婚・離婚」部門9位をキープ!

恋愛科学・人間関係の世界的権威ジョン・グレイ博士も本の帯で絶賛したレバイン博士の全米ベストセラー著書「Attached」の日本語翻訳本の交渉に成功し、プレジデント社から出版。出版した書籍は発売から5年以上経過しても、Amazon恋愛カテゴリランキング上位20位以内のランクをキープし続けるという驚異的なベストセラー&ロングセラーを獲得!さらに、恋愛・人間関係の世界的権威、世界的ベストセラー作家 ジョン・グレイ博士との対談に成功!
(国際結婚コンサルタント 塚越悦子さん)

 

日本人なら誰もが知る世界的メジャーリーガーを顧客にすることに成功

フリーカメラマンが、日本人なら誰もが知る世界的 某・日本人メジャーリーガーを顧客にすることに成功!世界的なブランドを手に入れる段階に突入!(フリーカメラマン)

 

地元のゆるキャラが、スーパーアイドルグループSKE48 松井珠理奈ちゃんのラジオ番組出演!

愛知県南知多を盛り上げるために生まれたゆるキャラ「フランソワーズびわちゃん」が、スーパーアイドルグループSKE48 松井珠理奈ちゃんのラジオ番組出演に成功!(プロデューサー 林浩子さん)

 

現役SM女王 世界観を変更することで女性客が殺到

現役SM女王様が、ブログなどで表現する世界観のコンセプトを変更したことで、それまで男性ばかりがコメントしていた状態から、女性が殺到するブログに変身。レベルの高い女性客に囲まれ、販売したメモリーオイルが予約だけで毎回100個以上の売れ行き。(現役SM女王様様)

 

NHK総合 NewsWEB、TBS News23、朝日新聞などで、次々と報道連鎖が発生!その後、ダイヤモンド社より「がんばらない介護」を出版!Yahoo!ニュースでは23回も連続掲載!台湾へも進出

朝日新聞の全国日曜版では、ほぼ全面1ページ掲載も獲得!宝島社から発行のムック本「親の入院・介護で困らない!」の全面監修も担当!


台湾語版の書籍も発売され、台湾への進出・大規模講演も果たした橋中今日子さん

 

書籍が発売5日で1万部突破!

2016年1月、発売5日で1万部突破!田中克成さん

 

カウンセラーがコスメ関連商品を売るという業界初の試みに成功。発売した馬油は、毎日100個以上売れるという快挙達成

カウンセラー業の人が、馬油の販売を開始。毎日100個以上売れ続けるという快挙を達成!その後、カウンセラー業界で物販をやる人が激増するというブームを巻き起こす。(愛花さん:女性向けカウンセラー)

 

インディーズバンドのアルバムが、いきなり全国のTSUTAYAでパワープッシュされ面陳展開

アルバムのコンセプト、歌詞のコンセプト、ステージング、集客方法のディレクションを行った結果、ワンマンライブに毎回150名以上を動員。アルバムは、音楽シーンで話題となり全国のHMVで売り切れ続出。さらに、全国のTSUTAYAでパワープッシュされ、「BUMP OF CHIKEN」の隣にCDが面陳されるなど、全国展開に成功!(ロックバンド DENSHI JISION)

 

無名だったオペラ歌手が、初コンサートで1週間で520名の集客に成功!

イタリア帰りのまだ無名だった日本人オペラ歌手が、初コンサートで、300名のキャパシティーの会場に、1円も使わず、1週間で520名を集客。

会場の外まで行列ができている大規模ホール「大阪中央公会堂」

 

コンサルタントの売上が2ヶ月で2400万円アップ。前年比プラス1億円に

コンサルタントがプロデューサーに転向し、たった2ヶ月で、売り上げが、2400万円アップ。
その後、毎回、告知からたった3〜4時間で3700万円〜4000万円の売り上げが5回連続であがるような圧倒的なブランド化に成功。
年商と利益が前年比プラス約1億円に。現在も同規模で増加中。

 

競争の激しい「恋愛・結婚ジャンル」で、処女作の本が1万部以上を突破!地上波ゴールデンタイムの人気テレビ番組にも多数出演!

競争の激しい「恋愛・結婚ジャンル」で、著者の処女作の本が1万部以上を突破!
その後、2冊目、3冊目も出版され、地上波ゴールデンタイムのテレビ番組にも多数出演!(婚活コンサルタント 澤口珠子さん)

 

長野県飯田市の「車でしか行けない地方のカレー屋さん」に全国から顧客が殺到!大型書店、ビレッジバンガードでの展開にも成功

長野県飯田市の「車でしか行けない地方のカレー屋さん」に全国から顧客が殺到!大型書店やビレッジバンガードでの展開にも成功

 

結成数ヶ月の新人インディーズロックバンドが、サマーソニックに出場。その後、メジャー・デビューし、地上波アニメの主題歌に

ネットマーケティングを駆使して支援した結果、新人インディーズバンドにもかかわらず、ジャミロクワイ、メタリカなど、欧米の超大物ロックバンドが多数出場し、観客動員数20万人を誇る世界的な夏の超大型ロックイベント「サマーソニック」出場を獲得!
その後、ライブ活動においては、会場は、毎回、観客が常に長蛇の列に!そして、2016年には、地上波アニメ番組の主題歌に抜擢!(ロックバンド GOOD WARP)

 

女性カウンセラーが、2年連続、年商1億円以上突破!

月商20万円あれば優秀と言われるようなカウンセラー業界にもかかわらず、翌月から月商80万円→月商350万円に!
もちろん、スタッフは本人一人のみ。広告費ゼロなので利益率90%以上。その後、平均月商が1000万円を突破、年商1億円を突破。その翌年1億5000万円突破!(カウンセラー 松本晶子さん)

 

女性カウンセラーが、数日で30万円以上の不労所得型収益の獲得に成功

労働集約型(自分の時間を使うビジネス)の人が大半のカウンセラー業界でありながら、不労所得型・逓増収穫型のビジネスモデルを確立し、
たった数日で30万円以上の不労収益が定期的にプラスされる仕組み導入に成功!現在は、さらにその収益の仕組みを拡大増殖中!(女性カウンセラー)

 

はじめてのセミナーに、2週間で1000名、1300名の集客を連続で成功。さらに2018年には、幕張メッセにてセミナーへ1万人動員に成功!

メルマガ、ブログなし、顧客リストゼロ、 さらにセミナー集客未経験の極限状態から、たった3週間で500名以上のセミナー集客に成功。
その後、同様の方法で今度は2週間で1000名、1300名のセミナー集客を2回連続で成功。さらに2018年幕張メッセにてセミナーに1万人動員に成功!(自己啓発講師 稲村徹也さん)

 

初出版の本が、現在も増刷が続くベストセラー&ロングセラー本に。超大手映画会社から映画化の話も持ち上がる。

初出版の本が、キャンペーン時に動画とソーシャルメディアを駆使することで、現在も増刷が続くベストセラー&ロングセラー本に。
その後、ロングセラー本として新書化。超大手映画会社から映画化の話も持ち上がる。(新人ビジネス書作家)

 

4万件以上のTwitterリツイートを獲得!その後、民放テレビのレギュラー番組を持つ。

Twitterで4万件を超えるRT(リツイート)拡散され、会社が運営する会員制サイトの会員が数日で数千人が殺到。
その後、会社から表彰され、某・民放テレビ局でレギュラー番組を持つことに。(某・大手出版関連書籍卸業 担当者 )

 

飲食店コンサルタント 1円も使わずクライアントの売り上げ6000万円アップ

ビジネスモデルを作りかえたことで1円もつかわず、クライアントに、プラス6000万円の利益アップ提供に成功!

 

無名タレント事務所のアイドルが、週刊プレイボーイで2度のグラビア展開、その後、テレビ番組「仮面ライダーシリーズ」にレギュラー出演!

塾生であったお父さんが、アイドルの娘さんのブレイク戦略を設計。1年後に、娘さんが週刊プレイボーイ紙でグラビア掲載!
反響を呼び、その後、2013年2月にも週刊プレイボーイ紙グラビア2回連続掲載!
その後、テレビ番組「仮面ライダー」レギュラー出演!人気アーティストケツメイシのPVにも出演!

 

無名のCG画家 動画が1週間で40万回再生!1円も使わず1週間で4000件の読者リストを獲得!

無名のCG画家が作成したYoutube、ニコニコ動画が、1週間で40万再生を突破ライブドアニュースなど、様々な有名ニュースサイトで紹介され、1ヶ月で4000件の超優良顧客リストを0円で構築。そのリストへ配信したメルマガのクリック率(反応率)は、80%以上という超ハイロイヤリティメディアへ

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

 

生徒さん達からの証言


起業前、なんとなく目標にしていた年商1億円も軽く突破できました。
あと、イチローさんの講座の威力が凄すぎて、女性にもモテるようになってしまい困っています(笑)
(永江理憲さん/税理士事務所を5店舗、ラーメン店1店舗、脳梗塞リハビリのお店を2店舗を経営)

はじめてイチローさんを知ったのは、まだ会社員で起業する前でした。
当時は起業したい!と思っているものの、集客・営業経験はゼロ。どうしたものか?と思っていたときにイチローさんと出会いました。
結果、7年後の現在。税理士事務所を5店舗脳梗塞リハビリのお店を2店舗ラーメン店1店舗を経営しています。
起業前、なんとなく目標にしていた年商1億円も軽く突破できました。
イチローさんの教えは、
頑張らなくても自然に人が集まってくるにはどうすればいいか?
お客様があなたの商品を欲しくてしかたがなくなる仕組みはどう作るか?
という内容です(違ってたらすみません!私の解釈です。)。

この能力を身に着けることができたからこそ、何の事業をしても集客できる自信がつきました
最初にはじめた税理士とは全く違う脳梗塞リハビリ事業にも参入し、1年で予約が取れないお店になり、
東京にも出店できました。(※現在は、ラーメン店事業もスタート)

さらにこの能力を磨きたくて(イチローさんと話すのが楽しくて)、
何度もリピートしてたら300万円以上貢いでましたが、それ以上に稼げてるので全く気にしてません。

ただ、1つだけ困ったことがありました。
私は結婚してるのですが・・・
イチローさんの講座の威力が凄すぎて女性にもモテるようになってしまい困っています(笑)
もっと早くイチローさんと出会いたかったですw


翌日にはメルマガの登録率が、なんと2倍。今では、<毎月>のメルマガ登録が700名を超えています
(鬼塚祐一さん/一級ファイナンシャルプランナー 鬼塚FP事務所)

「鬼塚さんのメルマガのLPを見て気づいたんですけど、この部分をこう変えてみて下さい。」
とイチローさんからアドバイスを頂いたので、その通りにやったことがあります。

すると、翌日にはメルマガの登録率が、なんと2倍に増えたのです。即効性があり過ぎて、めちゃくちゃビックリしました。
その後も改良を加えていき、今では、<毎月>のメルマガ登録700名を超えています。メルマガ読者さんが増えたおかげで、売上も上がりました。

たとえば、たった1回のセミナー285万円の売上を得ることが出来ました。
ただ、
「もしかしたら、ラッキーなだけだったかもしれない!ここで調子に乗ってはいけない!」
と思って、確認のため、もう1回、同じセミナーの募集をしてみました。

次も、252万円という大きな売上でした。
ラッキーなだけではなかったようで嬉しかったです。^^

また、売上が上がっただけではありません。
時間的な余裕もできました。

その時間を利用して、新しいビジネスを始めることが出来ました。
これもイチローさんのアドバイスがなかったら、やっていなかったと思います。

これから育てていくところですが、販売スタートから1ヶ月で100万円近い売上となっています。
しかも、個人的にワクワクするジャンルの内容なので、今までにない感覚で、楽しく仕事ができています。

「戦術よりもプロダクトを変えたときに大きく伸びることが多いですよ!」
というイチローさんの言葉がすごく印象に残っています。

実は、先程、お話したセミナーも、集客の戦術は今まで通りでした。プロダクトを変えたのです。

その結果、大きな売上につながりました。
イチローさんの言うことって、ことごとく当たるなと、いつも驚かされています。
これまで、何回、驚いたか分かりません。もっと学ばせて頂きたいので、今後とも、よろしくお願いします!

加藤一郎
この感想をいただいた後、2022年3月現在のメールマガジン登録者数は、さらに増えて毎月800名以上になっているとのことです!鬼塚さん、すごすぎです!

ヒーリングにエンタメ要素を取り入れるなんて、思いつきませんでした。
すると、なんと、継続率は90%以上!!おかげさまで、毎月、安定した収入も、気持ちの余裕も得られています。毎日、ワクワクした気持ちで仕事に取り組めているのが、とっても嬉しいんですよね。
(Naomi直美さん/ヒーラー・カウンセラー)

起業して3年が経ち、お休みも取らず、ただただ爆走してきたのですがだんだんと気持ちに余裕もなくなり、気がつくと、初期の頃のワクワクがなくなっていたことに、ふと気がついてしまったんです。
そんなとき、イチローさんのLPを目にする機会があり
なんてウキウキするんだろう!
楽しそう!
面白そう!
私も、習ってみたい(≧▽≦)
気持ちが高ぶり、いても立ってもいられなり、その日にメッセージを送らせていただいたのを、今でも鮮明に覚えています。
募集日でもなんでもなかったのに(笑)

イチローさんの指導は、ほんとうにひとりひとりを見ていらして、
この業種だから、こうしましょうという、ワンパターンではないんですよね。
私の性格も、よく見ていらして(笑)ストレスがないように仕事が進められる方法を示唆して下さり、でも、きちんと結果もついてくるのがスゴいんです。

そんな斬新な方法があるんだ
そんな死角が存在していたのかー
と、イチローさんのアドバイスに毎回驚いています。

イチローさんのアタマの中が、覗いてみたいですよ^^
また、春から新しく始めたコンテンツには
エンタメを取り入れましょー(≧∇≦)b
ということで、ある武器を投入!

イチローさんのアドバイスがなかったら、ヒーリングにエンタメ要素を取り入れるなんて、思いつきませんでした
クライアント様と一緒に楽しく過ごしていたら、なんと、継続率は90%以上!!
おかげさまで、毎月、安定した収入も、気持ちの余裕も得られています
毎日、ワクワクした気持ちで仕事に取り組めているのが、とっても嬉しいんですよね。

また、イチローさんが『半分オンナなんですよー』と言われていましたが、女性の気持ちもよく理解されていて、どんな内容でも安心して相談できます
イチローさんと出会うことができ、私の中にあるエンタメ要素も、毎日刺激されっぱなしです^^
これからのビジネスが楽しみでしょうがありません。
今後とも、ご指導よろしくお願いします^^

加藤一郎
この感想を書いていただいた後、直美さんのサロンの継続率は100%にまでアップしたそうです。直美さん、すばらしいです!


講座に参加する前に配布された教材だけで
受講料の約5倍分の売上が上がってしまいました!!(驚)
関西人のくせにほぼ皆無だったジョーク力・トーク力もレベルアップした気がします(笑)
(山本真也さん/コピーライター)

知人から「一郎さん面白いよ!」と聞いていて、「面白い人がいるなら参加してみよう!一郎さんってどんな視点で物事見てるのかなー」
と思って受講したのですが、申込後に送られてきた教材のボリュームと質に驚愕。

教材を見てテンションが上がり、数ある配布教材の中の1つ目と2つ目の資料の内容を実践して、新サービスを作り販売してみたところ、1ヶ月も経たずして受講料を回収してしまいました!(やったことは自分の世界観を明確にした上での自分のキャラ設定です。)しかも、そのサービスを買ってくださったお客様が、継続して他のサービスを買ってくださったり他のお客様の紹介してくださったことで、最初に作ったサービス関連だけで売上がった金額が1年間で約600万円。

それに、他のサービスを作って販売してみたり、お客様と関わる時の視点にも一郎さんから学んだことを活かしたりすることで想定以上の実益にもつながりました。本質的で抽象的なノウハウは扱いにくいものが多いのですが、一郎さんの教材はそれが扱いやすいようにシンプルにまとめられていて学びから実践までをスムーズに行うことができました。(学び始めてから1週間で最初の売上を作れました。

もちろん、授業も知人から聞いてた通り講座も毎回とても面白くて楽しいです。一郎さんの授業に参加したおかげで関西人のくせにほぼ皆無だったジョーク力・トーク力もレベルアップした気がします(笑)


我ながら笑っちゃいますが、過去4年間、累計1500万円以上の学びよりも、
一郎さんの学校には、ビジネスを成功に導くすべてが揃っていました。
(平野久信さん/ビジネスプロデューサー&ディレクター)

あらゆるビジネスにおいて、「もっと売上を上げたい…。」「もっと新規集客しなくちゃ…。」「その為には何から手をつければ良いのか…。」などなど、恐らくほとんどの経営者が、一度は深く悩み、それを自分の力だけではなかなか突破できない、ブレイクスルーの壁にぶつかります。

+ 続きはこちらをクリック

こういう時に賢い経営者は、自分の強みやウリや、適切なマーケティング手法について、第三者のプロの意見やアドバイスを求める事と思います。その時にはきっと、「いったいどのコンサルタントに頼めばよいのか…。」と、考える事でしょう。経営者は、常に自社の将来を考え、現状を打破すべく先手を打ち続けます。しかし、時代に合わせて、ビジネスを変化、進化させようにも、なかなか変われないのが現実です。巷にあふれるビジネス書や、ビジネスセミナーなどで、戦略や戦術を学ぶ事はできても、残念ながら決定的に足りない事があります。それは、最も肝心なこと、、、つまり、「自社の場合はどうしたら良いのか?」という、あなたのビジネスの現場に落とし込めるだけの、具体的な施策とアイデアです。世の中の流れを見れば、これからどの業界においても早かれ遅かれ、戦い方のルールはどんどんと変わって行くでしょう。なので、どんな天才経営者であっても、「ぼーっ」と、していては、「あっ!」という間に商圏や、ビジネスチャンスを失いかねません。そこで、多くの経営者は、現状のビジネスを維持しつつも、また新たな時代に通用する、新しい戦い方や武器も同時に模索して行く必要があります。そうなれば、これは悔しい事ですが、同じコンサルタント業のライバル?だとしても、私は加藤一郎さんの存在を隠しておく事はできません。
なぜならそれは、我ながら笑っちゃいますが、過去4年間、累計1500万円以上の学びよりも、一郎さんの学校には、ビジネスを成功に導くすべてが揃っていたからです。「なぜ、こんな事が起きてしまうのか?」
その理由を私なりに考えてみると、一つには、一郎さんはコンサルタントの域を圧倒的に超える、コンセプターであり、
プロデューサーだからなんだと思います。つまり、実態の薄い成功の理論ばかりを語るのではなく、ビジネスの現場のリアルな知恵を惜しみなく提供される事を大切にしているからこそ、こんなにも、ノウハウやコンテンツに差がつくのだと思います。また、一郎さんは、いつ会っても明るくユーモアで、エネルギーに溢れています。(※下ネタも多いですがw)そして、数々のプロデュース経験から、あなたが進むべき道を見つける手助けをしてくれます。それは、どのコンサルタントとも比較にならない、類いまれな実績と、プロデュースの経験と、独自のビジネス理論が基になっている現場の知恵をお持ちだからです。もちろん、あなたを楽しませるユーモアと下ネタも、決して忘れはしないでしょうw
一郎さんは、こんなに沢山のものを持っていても、それを惜しみなく、我々に提供してくれる、頼もしくて、ちょっとエロい兄貴のような存在です。これからも、時代にウケる新たな視点と、沢山の気づきを学ばせて頂きます。

当時の私は、「起業ごっこ」をしていたに過ぎませんでした。
今では大手アパレル企業のお仕事を担当させていただけるように変わることができました!
さらに、イタリアに進出し、飲食業もスタートすることにもなりました。
もちろん! 加藤さんの学校に入ったばかりの時の年収は、 軽く超えちゃってます。
今置かれてる環境や状況からステップアップしたいという方におすすめです。
(松枝明葉さん / 事業家・インスタグラムマーケティングコンサルタント)

加藤さんと知り合ったのは私が起業をしてからもうすぐ1年という時で、あのタイミングで知り合うことができて本当に良かったと思います!
というのも、当時の私は「起業した」だなんて胸を張って言えるようなことをしておらず、世間からみると「起業ごっこ」をしていたに過ぎませんでした。

+ 続きはこちらをクリック

自分でビジネスを始める為に必要知識はおろか、ビジネスのビの字も知りませんでしたw そんな状態で自分でビジネスをしていこう!とスタートしても、「こうした方がいいよ!」と教えてもらった方法だけではどんどんお客さんが離れていく気がして、自分の中でどんなビジネスをこれからしていきたいのか?に悩み始めました。
そんな時に加藤さんと知り合い、ビジネスの設計やマーケティング、お客さんとどう付き合っていくか?など、今まで自分に足りなかった知識をしっかりと得ることができました。そして、起業して2年過ぎたばかりの私ですが、大手アパレルブランドさんの企画にも携わりイタリアにも進出し、飲食業もスタートすることにもなって今バタバタと毎日がすぎてます。SNSだけを見て憧れて、無知な状態で起業すればいつか大きな壁にぶつかりやすいです。
やはり、正しい知識を身につけておくことは起業をする上でとても大事なことだなと今とてもよくわかります。
今置かれてる環境や状況からステップアップしたいという方におすすめです。

イチローさんの学校でね、私はブレイクしたんだよー。
私の脳には全くなかった、斬新なアイデアをくれて、本当にありがとうございます!!!!!
(吉野ヘシルさん/「ヘシル式英会話」代表)

(※ヘシルさんのブログでの紹介記事より引用)
アイデアを拾ってくれて、コンセプト開発に尽力してくださって、0からを支えてくれた、加藤一郎さん、心から本当にありがとうございます。イチローさんの学校でね、私はブレイクしたんだよー。私の脳には全くなかった、斬新なアイデアをくれて、コンセプトも育んでくれて、今の私の核となるメソッドを、産んで育ててくれて、しんどいときは支えてくれて、話も聞いてくださって、本当にありがとうございます!!!!!

イチローさんに出逢って、わたしは自分の英会話スクールのコンセプトを1から、いや、0から練り直した。
独自の研究で開発した4つの特性をあますとこなく、繰り返し繰り返し教えてくれた。

コンセプトが刺さんないと、どんなにマーケティングがんばってもダメ。
売り物、コアがなかったら、どんなに上手にセールスしても意味がない。
それを、すんごい斬新な方法で教えてくれて、毎回のビジネスの授業が本当に楽しみでした!

ビジネススクールで、真面目に銀河鉄道999の話するひと、いる!?www
量子力学の話物理学の話をビジネススクールにぶっこんでくる人、いる!?www
しかも、ちょーーーー論理的

手の届く範囲から、身の回りから責めよう、っていうマーケティング方法じゃなくて、
うわーーーーーーそっちから!?
うわーーーーーーーーーあたらしいーーー!!!!!!!!!
うわーーーーーーーやべーーーーーーーー
むっちゃワクワクしてしまうその発想ーーーー!!!!!!!!!!!!
って、なる。(笑) なのに、むっちゃ戦略家。

イチローさんはね、群れたりもしないし、何て言うんだろ・・・気取らない。カッコつけてないところが、格好いい。
どんなところでも生きていける。どこからでも、自分が描く未来に行けるんだってこと、一郎さんが教えてくれたんだぁ。


ビジネスには「鳥の視点」「虫の視点」「魚の視点」が必要とかいうけれど、
なんと「神の視点」が手に入ってしまうのだ!
自分だけの戦略用テキストを作り上げていく感じです

(中村美枝さん/広告コピーライター)

動画を視聴するだけでも、充分おなかいっぱいになるコンテンツ量なのに、学校にライブ参加すれば、さらに、コンテンツメガ盛りのおかわり状態。いいんですか?こんなに出しちゃって?というサービス量しかも、ただ単に、先生(いちろーさん)の話を聞いて終わりの学校ではなく、自分の脳ミソをひねったり、しぼったりします。いただける資料は、読むところが多いだけじゃなく、自分で書き込んで埋めていくワークまでもが、てんこ盛り。どんどん書き込んでいくことで、自分だけの戦略用テキストを作り上げていく感じです「自分オリジナルの世界」の作り方・売り出し方》についてから、ビジネスのタネの見つけ方からマーケティング、ブランディング、コピーライティング、セールスなどなど、なんでも学べます。かといって、

+ 続きはこちらをクリック

起業を考えている人やビジネスを軌道に乗せたい人だけの学校じゃない。ビジネスには「鳥の視点」「虫の視点」「魚の視点」が必要とかいうけれど、この学校で学ぶと、鳥・虫・魚はもちろん、なんと「神の視点」が手に入ってしまうのだ! ※おまけに「亀仙人の視点」付き(爆)シモネタで笑っていたはずなのに、いつのまにか気づくと、高尚な哲学の話になっている。話は、下世話なものから、最先端のビジネス・マーケティングの話まで飛ぶ。そして、いつのまにか、いちろーさん的ネ申》思考が身についているという。
モテる、売れる、人気が出る、スベらなくなる……副作用は計り知れないから、これから入学する人は、心の準備をしておきましょう。
自分の世界づくりの基礎工事をしながら、「自分でいること」を楽しんでいます!

私の師匠達の師匠が、揃いも揃って イチローさんだった
加藤さんがすごいのは、 先の先の先の先まで見ている視点。他の講師とはまるで違う理念を持っていらっしゃること。
LTVもうそみたいに伸びました。大企業から オファーをいただけるようになりました。

自分の世界を広げたいと思っている方に、ぜひオススメしたいです。
(林田 眞美さん/プロデューサー)

この学校の募集を見かけた時、秘密の扉をやっと見つけた!と思いました。というのも私が独立を志すようになって学んできた中で、
とても大きな影響を与えてくれた方が数人いるんですが、その方たちの師匠が、揃いも揃ってイチローさんだったのをあとになって知ったから。

+ 続きはこちらをクリック

とはいえ、師匠オブ師匠、ですから、 まだまだ雲の上の人という認識ではありました。でも、フリーランスでちょっとずつ仕事らしきことを スタートしてから3年めだった私は、「私がやってることって、世間で揶揄されているキラキラ起業でしかないよね?」とうすうす気づいていました。
そんな時に学校の生徒募集を知ったわけですから「師匠 of 師匠のもとで学べる!」とソッコーで申し込み。
やっと私も「秘密の扉の向こう側」にリーチできるところまで来た!頑張ったなぁ・・・と最初は喜び勇んでいましたが、私がやってきたことは、「キラキラ起業」どころか、「おままごとレベル」でしかなかったことに気づくまで、そう時間はかかりませんでした。こんなうすっぺらな自分が「セミナー講師」と名乗っていたなんて 穴があったら入りたい・・・と何度思ったことか。
そんなおばちゃんの私でも、「林田さんのお力をお借りしたい」と大企業から オファーをいただけるようになりました。
おままごとレベルだったおばちゃんに、です。嘘みたいな話ですけど、もう私の細胞が入れ替わっちゃったから、そういう現実が現れたんだと思います。
それまでとはまるで次元の違うアプローチ、量、質のインプットのおかげです。LTVもうそみたいに伸びました。(当時はこの単語の意味さえ知らなかった)
あのとき、ここの扉をノックしなかったら、 いまごろは人知れずフェードアウトしていたかもしれません。ビジネスについてだけでなく 成熟した人間とした生き方、ギャグのセンスを身に付けたい方は ここに参加する以外の選択肢はないと思います。

一郎さんがプロデュースされた場合、 事前に戦略をもって挑むので、世に出てからのスピードと規模が、僕にとっては、一気にドカーンなイメージです!
マーケッターや単なる個人のブランディングやってる人とかとは、そもそもの視点や見えてる世界が違う

(日比啓晶さん/Grow up LAB. 代表)

一郎さんのディスカッションセミナーに参加したときのインパクトが忘れられず、機会を待って待ってやっと一郎さんの学校に入りました(笑)一郎さんがプロデュースされた場合、 例えばロックバンドのデンシジションやマクロビの方や英会話スクールの吉野ヘシルさんの事例のように、事前に戦略をもって挑むので、世に出てからのスピードと規模が、僕にとっては、一気にドカーンなイメージです!
だから、マーケッターや単なる個人のブランディングやってる人とかとは、そもそもの視点や見えてる世界が違うと思います!
講座では、事前の教材の質とボリューム、実際の授業での世の中の動き、

+ 続きはこちらをクリック

タイミングに合った内容と、基本や誰にでも大事なことを押さえながらもワークで個々に合った鋭いとんがり尖りを見つけていくことができるので、授業は毎回驚きと「早く実践したい!」というワクワクでいっぱいです。
実際僕も僕の世界観が明確になったことで自分の活かし方、出会うべき人も明確になり、それによって出会った人の多くと、共同でプロジェクトをスタートさせたり、一緒にセミナーやトークライブを開催したりと、ビジネスパートナー、お客さんともに、価値観が合い、幸せを共有できる人に囲まれています。ほんと予想以上ではなく、本人の予想をはるかに超える未来をプロデュースする一郎さんの視点やモノの考え方は面白いです!

一郎さんのキレッキレの思考力。自分の中に芽生えた思考力。 価値さえ生み出せればどこでだって生きていける。
生み出せる力が身に付いて、こんなに自分に安心できるって感覚を生まれて初めて感じました。 (工藤知子さん/美容カウンセラー)

さすがに唸る、名キャッチコピーに涙が出て嗚咽するぐらい号泣しました。涙止まらなかったです。私の居場所を見つけてくださって。
これで、全エネルギーでかっ飛ばせますーーー!!!これから「どれほどの価値を私も世の中に生み出せるのだろう」と、仕事も生きることも楽しいです。一郎さんが私のために創って下さったコンセプトとキャッチコピーがあります。「これが私が創りたい世界なのよ!ドヤ!ドヤ!」と心の声を、バシッと!っと見抜いて創ってくれたコンセプトにキャッチコピー。
「1番にならなくて良い。ここが私だけのポジションで武器。私だけの居場所!」だと自分の存在意義が体感でわかったんです。私の創ったコンテンツが、必要な方のお役に立てれば、それこそが本望で、私が生きた証としての存在意義があります。加藤さんの学校に入って変わったことは、「これが私なのよ!」と強い自分軸を持てるようになったことです。今まで、知らなかったものを知ったことで、

+ 続きはこちらをクリック

自分の中に芽生えた思考力。生み出せる力が身に付いて、こんなに自分に安心できるって感覚を生まれて初めて感じました。価値さえ生み出せればどこでだって生きていける。「人生ってどうにでも自分で創れる!」と今ならこころから自分を信じられます。「何度でも復活できる自分を手に入れた」という無償の安心感です。一郎さんのキレッキレの思考力。真面目な話の最中に随所に散りばめられる、きらびやかで華麗な下ネタに大爆笑の授業。未来ビジョンをイメージングでおもしろおかしく語って下さるので、いつも「アッハッハーーー!!!」と大爆笑しています。「自分にも出来る!」と知って最強に心が強くなり、スカッと晴れる感覚は最高。私の全身の細胞が喜びで打ち震えるぐらい幸せで、魂が躍動します。
プロデューサー加藤一郎さんは人に価値を創るプロです。私は一郎さんに新しい人生をもらいました。19年の美容部員(会社員)生活の中で、いつしか聞こえなくなっていた自分の心の声。自分の気持ちを無視しているうちに”やりたくないことをやりたいことだと勘違いしていた自分”から目が覚めた瞬間の爽快感。私の想いを発信していく勇気をもらって自分を愛せるようになりました。私も同志のようなお客様に囲まれて、自分が最高に気持ちいいと感じることで、お客様にも結果が出て、お金も沢山入ってくる世界が創れる。今なら間違いなく成し遂げられると自分を信じられます!(≧∀≦)

わたしのことを好きだという人に囲まれ、わたしも好きだと思う仲間と繋がり、本当に仕事が楽しい。生きる事が楽しい
発信に対しての「いいね」の数、アクセスの数。ダントツに多かったんです。
お金もたくさん頂けるようになりました^^ 

(鈴木阿由美さん/コーチ・ライター)

大事な事は世界観だよ」とはじめてきいたとき、 「それってなに?」「それってどうやったらできるの?」 「なにをしたらいいの?」とハテナのオンパレード。わたしはこの言葉の凄さがわかるまでに半年かかりました。「ここまで言い切ったら嫌われるのではないか」という恐怖をこえて 発信したわたしの想い。 お客様がちゃんと見ててくれました。 発信に対しての「いいね」の数、アクセスの数。ダントツに多かったんです。一郎さんの言っている事ってこういうこと?!と感動。この体験をとおして あ、わたしの役目はここにある。 あ、これが「やりたいこと」をやりながら「魅せ方」をつくるということ、 それが世界観か。 と腑に落ちたんです。

+ 続きはこちらをクリック

世界に自分を表現することそのものが世界観なんだとやっとわかったんですよ! 言葉ではなく、体感でわかったんです! ここからわたし、ずいぶん楽しく仕事ができるようになりました。言いたい事がみえてきて、 発信することが好きだからわたしはやっているという意識のおかげで、 うまくいかないときに、引きずられなくなりました。今は、 私の仕事(コーチング)を知って人が来るのではなく、 わたしの考え方や言い切る姿勢に惹かれて人が集まってくる感じ! スキルやノウハウ、脅し文句ではなく、 私に惹かれて人がきてくれるなんてすごく幸せです。
わたしのことを好きだという人に囲まれ、わたしも好きだと思う仲間と繋がり、本当に仕事が楽しい。 生きる事が楽しい。お金もたくさん頂けるようになりました^^

事前の動画教材で拝見していた通り、事例満載・下ネタ満載でコミカルに進む楽しい授業でした!次の授業が待ち遠しいです。
(高西愛美さん/「自己表現の学校」主宰)

事前の動画教材で拝見していた通り、事例満載・下ネタ満載でコミカルに進む楽しい授業でした!
正直なところ、授業本編よりも懇親会の方が記憶が色濃いのですが(笑)授業翌日から早速(ビジネスパートナーの)杉浦と連日のコンセプト会議を行っています。次の授業が待ち遠しいです。こんな風に感じることはなかなか無いので、自分自身とても驚いています。


学校に入って驚いたのは圧巻の資料集です。今でもどこにいても見れるようにDropboxに入れてるくらいです。
(川瀬正記さん/鍼灸師)

加藤さんの学校に入って驚いたのは圧巻の資料集です。
セミナーのレジュメが、今まで受けたセミナーと異なるのは「考える材料」としてずっと使えることです。
言葉を創る「思考の仕方」「言葉を創るパターン」「思考の生まれ方」等々の言葉の源泉を頂いたのが僕は大きかったです。今でもどこにいても見れるようにDropboxに入れてるくらいです。


内容が最先端で高度なのに、ゆるキャラ的なムードで、私にとってとてもリラックスして楽しめるイベント?です。(T.Hさん/コンサルタント歴28年の経営コンサルタント)

いつものようにとても楽しい授業を堪能させていただきました。

内容が最先端で高度なのに、ゆるキャラ的なムードで、私にとってとてもリラックスして楽しめるイベント?です。

今回でいうと「携帯カバーせんべい」のような突飛な事例は、ほかのところではまず聞けません。ビキニ撮影の体験談も面白かったです。それとそれぞれの道のプロがそこかしこに潜入?していてポイントポイントでコメントいただけるのも素晴らしい点ですね。
自分のビジネスに迷っている方には、ぜひ参加をお勧めします。


この学校はまるでバラエティ番組です。イチローさんが時々昔のビートたけしに見えてなりません。(H.Kさん / 女性向け起業塾サポート担当)

この学校はまるでバラエティ番組です。
変な映像が流れたり、ゲストが来たり・・・
イチローさんが時々昔のビートたけしに見えてなりません。


「世界観」というものの定義やイメージ、実例含めてすごく分かりやすかったです。インパクトを作りたいと思います。(H.Tさん/ライフコーチ)

一郎さん、いつもありがとうございます。本当に濃く、かつ気付きの多い授業でした。「世界観」というものの定義やイメージ、実例含めてすごく分かりやすかったです。
また、僕はまだ実績がない状態なので、まずは「個」を際立たせてパーソナルなブランディングから進めていくステージですが、実際どのように進めていけばいいか、ここ数ヶ月ぐるぐる悩んでいましたが、質問に答えていただいたことで、やるべきことが明確に見えました。さっそく既存のクライアントさんに、自分の特徴や強み、クライアントさんが契約を決めたポイントを聞くことに取り掛かっています。ぼやっとした部分をそぎ落とし、しっかり認識していきます。可能性にすごくワクワクしています。今まで、あまり前に出たりしないタイプでしたが、自分を使いこなし、インパクトを作りたいと思います。
これからも、よろしくお願いします!


これほど、濃い講座はあるもんじゃありません!
(水島八重さん/)

これほど、濃い講座はあるもんじゃありません!

本当にありがとうございました!
レスポンスの速さと的確さには、ポカンとしてしまうばかり。キッチリまとめていくいちろーさんに、ビックリの連続でした。来月も楽しみです。


正直(毎回の授業が)6時間もあるので、途中で眠くなったらどうしようとかそんな悩みもちょっとありながら参加しましたが、終始、講座に釘付けで眠くなるどころか講座に夢中になって時間の経つのがあっという間でした!
(S.Tさん/起業準備中の会社員)

はじめて一郎さんの講座に参加させていただきました。

正直6時間もあるので、途中で眠くなったらどうしようとかそんな悩みもちょっとありながら参加しましたが、終始講座に釘付けで眠くなるどころか講座に夢中になって時間の経つのがあっという間でした!なぜ夢中になったのかを考えてみると、今まで受けた事のない事ばかりだったのと、それに対して凄く勉強になったし、同時にショックも受けたからだと思います。

+ 続きはこちらをクリック

例えば、"世界観"というテーマで講座自体どこを探してもまずないし、そこがブレると一時的に成功してもいずれ落ちていくというのが衝撃であり、そこが一番自分にとってショックでした。なぜなら、私は、自分の意思で行動していたつもりで、人から「これは良いビジネス」、「これは絶対稼げる」と言った言葉に躍らせれてそれが自分の意思だと勘違いして今まで行動してきたのではと思ったからです。
「自分は何の人?」を考えるワークでも、自分の事なのになかなか答えが出ない自分にちょっとイライラした部分もありました。けど、今はそんな自分に無い、今後、自分が変わっていけそうなそんなワクワクも感じています。今後もワクワクしながらよく考えながら講座を受けていきたいと思います。さしあたって次回の講座までに、なぜ自分は「aikoが好きなのか?」を徹底的に考えてみようと思います(笑)

加藤さんが私のために創って下さった言葉があります。それを毎日唱えるだけで、売り上げはどんどん伸びました。何もやり方は変えていないのに、売り上げは伸びています。
(松本晶子さん / カウンセラー)

加藤さんの学校に入って変わったことは、強い自分軸を持てるようになったことです。
加藤さんが私のために創って下さった言葉があります。それを毎日唱えるだけで、売り上げはどんどん伸びました。何もやり方は変えていないのに、売り上げは伸びています。現時点の5月で、去年の年収があります。このまま行くと目標の☆000万円は必ず達成出来ると思っています。
(加藤より:松本さんは、このアンケートを書いてもらったあと、年商1億円を突破し、翌年は1億5000万円を達成しました。それ以降も毎年1億円超えを継続中です。)
人はどうも他人の言葉に一喜一憂してしまうものですよね。決して、人の価値観に振り回されることなく、自分がやりたいことだけをする。ただ、これだけでうまく回り出すんだと分かりました。

+ 続きはこちらをクリック

想い=感情がどれだけビジネスに左右するかも、加藤さんに教えていただけました。気むずかしいコンサルではないので、加藤さんにお会い出来るといつも笑っています。
心がスカッと晴れる感覚は最高です!これでいいのか? これからどうしたらいいのか? な〜んてひとりで考えても前には進まないものです。プロデューサー加藤一郎さんは、個性を活かしながらビジネスが出来るように提案してくださります。マインドが強くなると、なぜかうまく回るものなんですね。
私は、加藤さんの大ファンです☆加藤さんの懇親会が一番楽しかったのも、加藤さんの人柄が伺えます。ぜひ、加藤さんファンの方にもお会いしたいです。

「凄い対応力だな、どんだけ引き出しあるんだよ!」って毎回感じております。
(平田晶子さん/Heavenly Lohas Garden代表)

私自身、当てずっぽうに思いつきや感覚で起業するのではなく、こういう一流の方の元で学んで準備してからで本当に良かったと、心から思っております。本物、一流から学びたいという方は、是非!
私自身が受けてみて、そんじゃそこらの起業セミナーやなんちゃってコンサルタントとは、全く別物・別格だと自信を持ってお勧め出来ます。

高額な割に大した中身のないセミナーも多々ある中、この値段でこんなに学べるって、あり得ないレベルです受けてみて「詐欺じゃん!」「金の無駄だった」ってことには絶対になりません。ほとんどの受講生の方が、「これが本当にこの値段で良いの???」って感じるレベルです。授業の内容は本当に濃くって、一回での学びは膨大かつ無限です。んで、また一郎師匠は本当に優しい。そして、個々の受講生に対して真摯かつ親身。あそこまでのさりげない気遣いをしながら、スマートにギャグを交えながら授業を進めて行くって、毎回本当に凄いな・・・って思っています。そして個々の生徒への的確なアドバイスも凄い。この生徒さんには、こういうアドバイス、こっちの生徒さんはこの方向性が良いetc、etc・・・。凄い対応力だな、どんだけ引き出しあるんだよ!って毎回感じております。そして、既に大成功を収めた生徒さんもいらっしゃるので、

+ 続きはこちらをクリック

毎回毎回が凄く刺激を与えてくれる授業となっています。
沢山のお金を払っても成果の出ていない起業系セミナージプシーになっている方、なかなか効果が上がらない方、一過性ではない成果を上げたい方、私みたいに最短距離でちゃんとした起業をしたい方、とにかく起業についてお悩みの方は、もう絶対的にお勧め出来る伝説の講師です。

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

 


あらためまして、
クリエイティブ・ディレクター/プロデューサー加藤一郎です。

2012年から2年ほどかけて構想し、
2014年に『世界観ブランディングの学校』としてスタート。
2018年1月にさらにバージョンアップして『新世界ブランディングの学校』と名称変更した
この学校の生徒さんの新規募集をひさびさに行います。

プロフィール概要

クリエイティブ・ディレクター/プロデューサー
有限会社イー・グルーヴ 代表取締役

2010年5月、当時「日本では広まらない」と言われていた『Facebook』のブームを日本に巻き起こした『仕掛け人』
コンテンツディレクター、コピーライター、マーケター、CGデザイナー、プログラマーと複数のスキルを持つ。駆使できるアプリケーションは300種以上。
1999年に、上場企業や国家ITプロジェクト向けに、最先端のマルチメディア技術を開発・提供するテクノロジー企業としてデビュー。
同時に、エンターテイメント業界においても、ガンダム、ワンピース、ドラゴンボール、NARUTO、仮面ライダーなど、BANDAIアニメ関連の舞台イベント脚本、絵コンテ、演出、3DCGアニメーション映像制作まで行うなど、デジタル業界とアナログ業界とマルチに活動してきた。2005年からは、経営者からアーティスト、タレントまで、無名だった新人を次々と発掘、プロデュースし、ブレイクさせてきた。業界・ジャンルの関係なしに、次々とブレイクスルーを生み出してきたプロデュース実績を持つ。
これまで多くの人があきらめていた生き方や、新しいビジネスモデル、ブレイク方法の発掘・開発すること、そして、社会の抱える問題を解決することを使命としている

 

 

『新世界ブランディングの学校』とは?


1999年創業時から自社のみならず、他の起業家、インターネットメディア、タレント、アーティストをプロデュースし、
2010年には、日本に「Facebookブーム」を仕掛け、ビジネス業界に社会現象まで起こすなど、次々とブレイクを連発させてきたプロデューサーが、

・2010年に開催した塾「THE PLOT 〜最強の自分プロデュース実践塾」
・2011年に開催した塾「パーソナルブランディングプロデューサー養成講座」
・2014年〜2018年に開催した塾「世界観ブランディングの学校」
をベースに、新たに確立し体系化した理論やメソッドを加えた教材と思考ツールを生徒さんに提供し、
毎月4回(毎週土曜日2〜3時間/回)☓6ヶ月間(合計24回)オンライン授業を通じて、生徒さん達とディスカッション」を重ねながら実践ベースブレークスルーする人を育成していくという学校です。

 

とくに、この講座で扱う刺さる・つかむコンセプト作り」「さまざまなブレークスルー・パターンの設計」「世界観というテーマは、エンターテイメント業界出身の加藤の最も得意とする分野であり、すでに22年に渡るプロデュース経験成功事例も膨大にあります。


エンタメ業界で、イベント舞台脚本などを書く仕事や、コンピュータゲームを制作していたときの写真です。(子どもころは、ひたすら毎日、マンガを描き続けていました)

 

なぜ、この学校をつくったのか?それは・・・

ンセーショナル突き抜け注目を集め、
コアファンがついて、長ーーーく生き残っている会社共通する条件パターンプロセスは何なのか?

長年、そのテーマに非常に興味があり、世の中の企業や自分の顧客を含め、これまで研究と実践を行ってきました。


そして、分析してみると、共通するのは、
独特の『世界観』を持っていて、お客さんは、その会社や人が持つ「世界」に魅了され、住んでいる。
そんな特徴を持つ『世界観型』の会社だということが、20年のプロデュース経験と研究から判明しました。


世界観についてくるお客さん
は、もう、お客さんというより、ファンサポーター(支持者)です。

その商品が欲しいから買う・・・のではなくその人やその会社の創り出す「世界」に、自分も入りたいから買う

こういう状態です。
これは、ある意味、もう部活」やファンクラブです。部費を払っているみたいな・・・

 

そんな『世界観型の会社』は、どんなメリットを手にしているのか?

それは、
LTV(顧客生涯価値)最大化
驚異的な利益率
ストレスフリーな経営
という莫大な経済的なメリットメンタル的なメリットです。

ちょっとビジネスやマーケティングを勉強している方であれば、ご存じだと思いますが、LTV(顧客生涯価値)というのは、「一度、獲得したお客さんが生涯を通じて、その会社にもたらしてくれる価値や金額」のことを言います。

 

一度、獲得したお客さん達が、ずーーーっとその会社にお金を払い続けてくれる会社は、LTVの高い会社」ということになります。

これができたら、どれだけ経営はになるのか?
逆に、新規のお客さんを獲得するのがいかに大変なことなのか?
これは、少しでも経営をしたことのある人であれば、わかると思います。

毎回、毎回、毎月、毎月、新規のお客さんを獲得し続けなければ倒れてしまう経営だとしたら、それはもう地獄です。

うちの会社も世界観型なんですが、15年以上、おつきあいのあるお客さんが多いです。
また、うちの成功しているお客さんも世界観型が多いです(さきほどの顧客実績の事例をご覧ください

 

界的に有名な会社の例もあげると、例えば、米国のApple社(アップル)も、あきらかに単なるメーカーではなく、
創業者であるスティーブ・ジョブズの個性がモロだしになった世界観型の会社です。(ジョブズが亡くなった後も、売上と株価は上がり続けています)

同じ業界のDELL、IBM、COMPAQなどと比べて、明らかに個性が突出した会社ですよね。

これは、もう、お客さんというより、「ファン」ですよね。
新しいiPhoneが出るたびに、また、iPhoneを買う・・・みたいな。

 

本では、国民的なアイスガリガリ君を販売している(株)赤城乳業も、会社のキャッチコピーがあそびましょ。と書いてあるほどの完全な世界観型企業で、コアなファンがたくさんいます。ちなみに業績は、ずっと右肩上がりです。


完全に遊んでますよね。

 

た、僕のメルマガ「加藤一郎レポート!」でも、何度か紹介している(株)ほぼ日 (旧・東京糸井重里事務所)の「ほぼ日刊イトイ新聞」も、完全に、世界観型。
広告は、一切出さないという方針なのに、ずっと右肩上がりで年商28億円!(2012年に世界的なビジネスの賞「ポーター賞」を受賞してます)
従業員はたったの(当時)48名です。社員1名あたり年間6000万円ほどの売り上げということになりますね。

ちなみに、僕も「ほぼ日手帳」愛用者です。 (*´∀`*)

商品が先にありき、ではなく、
先に”ほぼ日”の「世界観」があって、
その世界の中に
商品が存在している感じ。

 

単なる商品やサービスを売っているだけの場合は、競合他社でもコピーできてしまいます
機能をマネされて、低価格で参入されたら、お客さんはそっちに行ってしまうかもしれません。

しかし、世界観だけは、なかなかコピーができません。そこが『世界観型ビジネス』最大のポイントなのです。

 

>今すぐ申込みます!という方はこちらをクリック!

 

 

なぜ、『世界観型の会社』は、LTV(顧客生涯価値)が高くなるのか?そのメカニズムとは?

しかし、なぜ、『世界観型の企業』は、LTV(顧客生涯価値)が高くなるのでしょうか?
その秘密は、顧客の心の中に理屈を超えたファン心理が存在するからです。
『理屈を超えたファン心理』が、高いLTV(顧客生涯価値)をもたらすメカニズムを解説します。

顧客は、その企業のファンになっているので関係性が長く続きます。(継続性)。
関係性の期間が長くなれば、当然・・・

その企業の商品に対して、愛着を持って継続購入し続ける可能性が高くなる。(リピート購入)

その企業が新しい商品や関連商品を出せば、コレクター欲求が働き、他の商品も全て購入してくれる確率が高くなる(高いクロスセル率)

少々、単価が高くても、ファン心理が働くので購入してくれる。(高い平均購入単価)

たとえ、競合他社が同じような商品やサービスを出してきても、ファンは、企業にくっついているので浮気が起こりにくくなる。(最強の参入障壁)

つまり、LTV(顧客生涯価値)を算出する公式

LTV(顧客生涯価値)=購入単価☓購入頻度☓継続購入期間

の3つの係数を必然的に満たし、最大化させることができてしまうわけです。

これは、アーティストのファンクラブやライブ会場を思い浮かべていただくとイメージしやすいと思います。

エンターテイメントビジネスは明らかに世界観型ビジネスの1つです。
たとえば、矢沢永吉さんのコアなファンは、ファンクラブに入っていて、毎年更新料を払っている人も多いでしょう。
さらに、ライブ会場の中や周辺などに行くと、必ず、物販コーナーがあったりして、「E.YAZAWA」と書かれたタオルや関連商品はバカ売れです。

しかも結構高いにも関わらず。ファンの人は買います。すごい行列になっています。
汗を拭くタオルなんて、本当はスーパーやネットでもっと安く買えます。
でも、人間は常に理屈で動くわけではありません。これが、ファン心理です。恋愛とも似ていますね。

実際、僕の運営する塾には、僕なんかより、はるかに経営者としての経験年数も売上も大きく、世界中に支社を持つような企業の社長さんや、県でシェアNo1 を誇る社長さんもいます。そんな社長さん達に、以前、こんな質問をしたんです。

加藤:「◯◯社長は、すでに僕なんかよりずっと成功しているはずなのに、なぜ、うちの塾に入られているのですか?

すると、こんな共通した答えが返ってきたのです。

社長さん:「いちろーさんの世界が好きだから・・・

これが、理屈を越えた心理というものなのだ・・と実感した瞬間でした。

 

なぜ、『世界観型の企業』は、利益率が高くなるのか?

利益率の高さの秘密。その秘密は、"驚異のリピート率"、”価格にこだわらないファン


最近は、マーケティングコストがどんどん高くなってきている世の中。

売り上げは伸びても、広告費が年々高騰して、利益が減っている、もしくは、赤字・・・
そんな会社は、かなり多いです。年商、月商の額に惑わされてはいけません。

ネットの世界でも、一時期流行ったプロダクトローンチをやって、表面上売れていても、薄利か赤字のところ多いみたいですね。
しかも、リピーターがいない!みたいな・・・。

僕はそんな実情を知っています。(周りから色々と情報が入ってくるのです・・・)

今、新規客の顧客獲得コストは、1人獲得するのに、15,000円〜20,000円かかると言われています。

もし、せっかく新規客を獲得しても、リピート購入がなかったり、競合他社に取られていたりすれば、
せっかく投入した新規客獲得コストが回収できず、利益が出ずに苦しみます。

しかし、そんなご時世でも、世界観型の企業は、まったく無関係。
むしろ、どんどん増収増益を確保。

同じ売上高でも利益率が異常に高いというのが特徴です。(しかも、楽しそう。

なぜ、利益率が高くなるのか?

世界観型の企業は、一度購入してくれた既存客からのリピート売上げ比率が異常に高いので、新たな広告費などのマーケティングコストがかからないからです。

また、ファン心理は、価格にこだわらない場合が多いです。
なぜなら、対象の存在自体がすでに高付加価値だからです。

だから、高額にしても売れる場合が多いのです。(例えば、なぜ、CHANELのサングラスは、プラスチックなのに高額でも売れるのだろう・・・とあなたも考えた経験があるのでは?)

よって、高い利益率を確保できる場合が非常に多いというわけです。

 

なぜ、『世界観型の企業』は、長く生き残れているのか?

それは、ファンがいるから・・・という理由だけでなく、
ビジネスモデルが、時代の変動に強い柔軟性を持てるからです。

かつて、『進化論』を提唱したチャールズ・ダーウィンはこう言いました。

”最も強い者が生き残るのではなく、 最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である”

今、時代や環境の変化のスピードが、2000年代までと比べて、加速度的に速くなってきているのは感じていますか?

これまで、栄華を誇っていた業界やジャンルが、テクノロジーの進歩や時代性の変化によって、市場が大きく変わり失墜していく産業が跡を絶ちません・・・。
もちろん、昔から市場というのは変化してきたものではありますが、昨今の変化のスピードは尋常ではありません。(あなたも感じていませんか?)

一昔前は、1つの専門分野に「フォーカスせよ」と多くのビジネス書で語られていました。

確かに、専門性を打ち出すことは顧客からは見つけてもらいやすく、短期的にも成功しやすいと言われています。経営リソースも集中できるので効率的であることは間違いありません。

しかし、同時に、それは、時代や環境の急激な変化があった場合に柔軟に対応できず、ポキっと折れてしまう危険性をはらんでいます。
『1つの専門分野に「フォーカスせよ」』というセオリーは、”時代の変化がゆるやかであった時代に通用した過去のセオリー”だと考えるべきでしょう。

今の時代の個人も 、
専門家の肩書きを持つ」という旧来の考え方から→複数の肩書きを同時に持つという流れに変わってきているのも、
時代がそうさせていると考えます。

 

世界観型の企業は、売り物の本質はあくまで「世界観」です。

それは概念でもあります。形はありません。

極端に言えば、その世界観を表現するものであれば、商品はなんでもよかったりするわけです。

時代や環境の変化に合わせて柔軟に商品を変えることがやりやすいのです。

たとえば、世界観型ビジネスである「ほぼ日」では、手帳から、セーターから、土鍋、ぬいぐるみ、食品までなんでも売っています。そして、売れています。
もし、時代の変化や需要の変化が起きて、特定ジャンルの商品が売れなくなっても、ほぼ日が売る商品なら、なんでも買います!というお客さんがずっと居続けてくれているので、ゼロからやり直しではなく、売る商品を変えるだけでいいわけです市場の変化に対する柔軟性が非常に高いのです
これって、めちゃめちゃ強くないですか?

ダーウィンの提唱した「進化論」ではありませんが、これからの時代は、

強い企業が生き残るのではなく、変化に柔軟に対応できる企業が生き残る

これからの時代に、生き残り、繁栄していくのは、間違いなく、柔軟性、時代の変化に合わせていつでもギアをチェンジできるニュートラル性を持つ会社であり、これまでのビジネス書で語られてきたセオリーや常識が根底から破壊される時代になった。
と僕は洞察しています。

 

なぜ、『世界観型の企業』は、ストレスフリーな経営になるのか?

お客さん達に、弱点でさえ愛されている。守られている。

もちろん、新規客を追い続けなくても圧倒的なリピート率によって、経営が強固になっているため、そういう意味でもストレスフリーであるといえます。
しかし、それだけではありません。
お客さん達に愛されている。守られているという部分もあったりするのです。

たとえば、誰でも経営をしていると、サービスに何かしら不備があってお客さんに迷惑をかけてしまうようなことってあると思います。(人間だもの)
そんなときに、普通なら「おい!どうなってるんだ!」とクレームが来て、ペコペコ謝らなければならないと思います。それが普通です。

しかし、世界観型のビジネスの場合は、ちょっと世界が違います。
お客さん側が「なにかあったんですか?心配です」と心配してくれたり助けてくれたり、守ってくれたりするのです。
弱点でさえ、愛してもらえたりするのです。

 

自分の価値観に「正直」に生きることができる幸せ。

以前、僕は、アメブロでよろちくび!とバナー画像に書いていたり、記事に書いたりしていました。
周りの有名ベストセラービジネス書著者さんから「加藤くん、ブランドが下がるから、ああいうのやめたほうがいいよ」と言われた経験があります。
(実際、ある読者の方からコメントで「”よろちくび”とか気持ち悪い。死ね!」と書かれたこともありました。(爆))
しかし、僕は、そのアドバイスをスルーしました。
自分は、自分の表現したいようにやる!
それが自分の生き方なので。それが、ある意味、僕のブランドカラーなんですよ、と。

正直、嫌うなら嫌ってください。でも、こんな僕のブログでも好きで集まってくれる人がいます。僕は、それでいいのです

こういうスタンスを貫きました。すると、どうでしょう?
それでも、ありがたいことに、そんな僕でもいい!(むしろ、そのほうがいい)と言ってくださるお客さん達がたくさん集まってくださいました

どんな世界であっても、その世界を好きな人は、必ずいる。

だとしたら、好きでもない相手に無理やり自分をあわせて生きるより、自分のことを「大好きだ〜」と言ってくれるお客さん達に囲まれている状態
そして、自分も、そういうお客さん達が大好きな状態

そんな風に、自分に正直な世界を表現して生きるほうが幸せではないでしょうか?

僕は、ずっと、ストレスフリーでとても幸せです。

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

 

 

『世界観型』の企業は、どのような考え方で、戦略を考えているのか?

世界観型の企業は、『商品やサービスが先にありき』ではなく、その会社の創りだす「世界」が先にあって、その中に、商品やサービスが存在しているという考え方をしています。

この考え方で有名だったのは、映画『スター・ウォーズ』を作ったジョージ・ルーカス監督です。

彼は、最初に映画『スター・ウォーズ』を作ったとき、映画の興行収入を受け取らず、20世紀FOX社に渡すかわりに、版権(キャラクター商品などの権利)を手にする契約にしていました。ここが運命の分かれ道でした。
当時、20世紀FOX社は、この契約の重要性に気づいていませんでした。

結果的には、映画『スター・ウォーズ』全6作品の全ての収益の額よりも、
ジョージ・ルーカスが手にした版権からの収益のほうがはるかに上回ったそうです。

最初から、ジョージ・ルーカス監督はわかっていたんですね。

「まず、映画を見てもらって「スター・ウォーズの世界」を好きになってもらう。
好きになってもらえれば、関連の商品をバンバン買ってもらえる!
そっちの収入のほうが儲かる!だから映画自体の収入はいらん!」by ジョージ・ルーカス

この考え方こそ、まさに、『世界観型ビジネス』の考え方なのです。

 

 

日本でも、さきほど、ご紹介したほぼ日刊イトイ新聞を運営し、上場までしてしまった(株)ほぼ日(旧・東京糸井重里事務所)も、同じ考え方で、まず先に『ほぼ日』という世界を好きになってもらい、読者に『ほぼ日』の住民になってもらうそれから、はじめて商品を買ってもらうというスタイルをとっています。(これは、糸井重里さんも語っていました)

 

実は、この考え方を日本で一番早く考えたのは、恐らく1970年代〜80年代に映画と出版を同時に売り出すという手法により
「角川映画」で一世を風靡した角川書店角川春樹氏でしょう。

「作品」という世界をまずは広めその世界の関連商品として書籍映画といったものをメディアミックス的に売り出すということを最初にやった方です。その結果、角川書店は商業的に大成功を収めました。

 

実際、この仮説をKADOKAWAの編集者さんにも直接、聞いたところ
これ、ほんとにそうなんです!角川春樹さん亡き後もこの思想は受け継がれています!
ということでした。

その設計思想を図にするとこんな感じです。

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

 

では、なぜ、多くの企業が『世界観型』にしたくてもできなかったのか?

⇒ビジネス系の人の多くは、「クリエイティブ、エンターテイメントな思考」が苦手な人が多い傾向がある。

世界観を作るには、ある種のクリエイティブな思考と感性が必要になります。

しかしながら、多くのビジネスマンは、マーケティングや戦略などの左脳的、理論的、論理的な部分は強い場合が多いのですが、逆に、爆発的思考、エンターテイメントな発想や演出など、右脳的な、クリエイティブな感性が弱い場合が多いからだと考えています。

 

⇒クリエイティブ、エンターテイメント系の人の多くは、「ビジネス的な思考」が苦手な人が多い傾向がある。

上記と逆に、クリエイティブ系の人の多くが、いかにして収益につなげるのか?といった左脳的、ビジネス的な思考が苦手な人が多い傾向があります。結果的にビジネスとしては続かない、生活ができない、といった問題が多く発生しているようです。

そもそも、『ビジネスの世界』と『クリエイティブな世界』とは”これまで両極の位置にあった”といってもいいかもしれません。
だからこそ、両極の位置を同時に手にできる世界観型の企業は希少であり有利なのだと考えます。

 

 

この「両極」を同時に考え、教えることができる場所が、これまでなかった・・・

今、世の中を見渡すと、実にさまざまなビジネス講座、起業塾が乱立しています。
しかし、先に述べた『ビジネスの世界』と『クリエイティブな世界』のノウハウを同時に持ち、提供できる組織は、今の日本では皆無だと考えています。
にもかかわらず、時代は、今、両者のハイブリッド(混血)を求めています

そんな時代にいち早く対応する体制を手に入れていただくために

理論と感性のスクランブル交差点」「カオスの縁」と呼ばれる”両脳”思考のクリエイティブ・ディレクター/プロデューサー加藤一郎が『ビジネスの世界』と『クリエイティブな世界』を同時に手にできる教育機関が必要だと考え、2014年にこの学校を立ち上たのです。

 

 

ビジネス業界の著名人達から寄せられた加藤一郎への評価を掲載します。


加藤さんは、マーケッターではない。
加藤さんは、コンサルタントでもない。

そんな既存の肩書に縛られない唯一無二の存在
他者と比較しようがないただ一人の存在
それが加藤一郎という人だ。
私の周りには友人や師匠を含め、国内トップクラスのマーケッターやコンサルタント達が数多くいる。だからこそ断言するが、こんな人はまずいない

マーケティング、戦略論、心理学etc…。どんなトピックで あれ、加藤さんとの対話はいつもヤバいくらいの刺激を与 えてくれる。たとえて言うと、
いつも私の死角からアイデアの16文キックを浴びせられてしまうのだ。

そんな発想、一体どこから飛んでくるの?
何でその2つが結びつくわけ??

まさに、理論と感性のスクランブル交差点
絶えず革新的なアイデアを創発するカオスの縁的頭脳を持つ男。それが加藤一郎なのである。

加藤さんが天才なのか変人なのか、はたまた変態なのかは分からない。
しかし、これだけは言える。彼のアイデアはいつも本物の輝きを放っている。
本物はジャンルを超え常識を飛び超える。そして、その本物に触発されて新しい時代が生まれていく。

加藤一郎という盟友に出会えたこと は、私にとって最大の幸運である。


知の4次元デジタルチューナー。
加藤一郎さんほど、とらえどころのない人は他に思いつきません。
とらえられない、

というのは一般的な理解の範疇を越えているという意味です。

人類とは別の生命体ではないかと思うことすらあります。

宇宙人が人間の姿になって社会に紛れ込んでいるという話が
もし本当だとしたら加藤さんこそ宇宙人ではないかと思います。

ですのでこうして加藤さんを言葉にしていますが本当に苦労します。
言葉にしてしまった瞬間、別の存在へすり替わっているようなそんな感じです。

まるであの世とこの世を行ったり来たり、
というかその中間的な存在だと思うのです。

だから加藤さんと飲むと、時間が経つのが本当に早いです。
以前六本木の寿司屋で飲んだ時も6時間話し込みましたが、
自分の中では2時間程度にしか感じなかったのです。

言葉を変えれば、加藤一郎自体が相対性理論的な存在である、と。

加藤さんからアドバイスを受けた方を何人か知っていますが、
完全に成功へのアプローチが普通の人と違います

目に見えない力によって
突然成功を掴んでしまう

そんな感じです。

中間的/相対性理論的存在である加藤さんだからこそ
「目に見えない力」を自由に操って、

普通の人が10年かかってようやく成し遂げることを、
わずか数ヶ月で成就させてしまう、
そんな恐ろしいパワーを持っているのです。

自分がいままで地上波しか受信できてなかったとしたら、
BSもCSも含めて一気に数百のチャンネルと
つながることができるといった不思議な感覚にとらわれると思います。

いわば「知の全方向デジタルチューナー」なのです。

いや「知の4次元デジタルチューナー」と言うべきか。

ぜひ加藤さんのパワーをまだ体感したことがない人は
できる限り速く、体感されることをおすすめします。

苦労して成功を掴み取るのではなく、
成功の女神が向こうからあなたの懐に
突然ダイブしてくるようになります。

そのような状況を一瞬で作ってしまうのが加藤さんなのです。

アカデミアジャパン株式会社
代表取締役 石田 健


あるとき、”コンセプト”で時代を突き抜けられないかと考えた人がいた。

彼の創造・妄想から生まれる「切り口」は鋭く時代を抉る。
そして、誰もが彼を「変人」だと呼んだ。しかし、誰の目からも彼の存在は際立って見えた。

一度会えば、虜になる。それが加藤一郎さん。

数多くの起業家や、カリスマと呼ばれる人たちも加藤さんのところへ相談にくるそうですが、それ、分かる気がします!(あ、僕もそんな一人なのかもしれません。)

私、あまり人に頼るのが好きじゃないんですよ。なんでも自分の中で、自己完結してしまうんです。
第一コンサルタントですので、いちいち人に答えを求めていられないのが正直なところです。
だって、問題解決を扱っているのに、自分の問題解決を他人に頼ってばかりいたら仕事疑われちゃいますから……。
「人に聞くより自分の頭で考えろ。」それがモットーですし、ある意味、すごくなまいきな奴なのかもしれません。

でもたまに加藤さんにそっと吸い寄せられる。

2,3言葉を交わすだけで突き抜ける
そして、新しい視点で物事を考えられるようになるんです。

発想の転換
超視点

これが加藤さんを他の“プロデューサー”との違いを生んでいる最大の秘密だと思っています。

卓越した視点から、必ず新しい角度から、あなたの一面を繰り出してくれる

突き抜けたい人はこの変態的辣腕と出逢ってみて下さい。あなたがドアをノックすれば、必ず返してくれると思います。
世界中を見渡してもこんな人はいないですから。笑

あとは、自分の周りの人たちに対して、いつも献身的なところ、いつも等身大でいてくれるところ。
そんな基本的な人間力の強さも魅力です。懐に飛び込みたくなる温かさ!!

こういう時代だからこそ加藤さんのような既存のパラダイムにとらわれない自由で、囚われのない、豊かな、そして時には一見「ぶっ飛んだ」ように見える創造性、そしてそこから生み出されるエネルギーが必要なんだと思います。

加藤さんって、こんな人です。いつもありがとうございます!


それとは知られていませんが、
いちろーさんはみなさんが知っているあの人やこの人をプロデュースした方です。

もう昔話になってしまいましたが、

実は私も、アイデアを形にする初期段階でたいへんお世話になりました。
ホームページの基本構想を作ってくださったのは、実はいちろーさんなのです。

いちろーさんに出会った頃の私は全くの「アナログ」人間で、
インターネットで買い物をしたことさえありませんでした。

世間一般的にもインターネット環境が整っておらず、充実していなかった時期です。
心理学を活用したインテリア企画設計デザインを仕事としていた私は、ある時、光の玉が突然現れ「心理学を活用したインテリアで人生を幸せに“好転”させる方法」が一瞬でインストールされる…という不思議な体験をしました。

「この方法で世界が平和になる」とわかってしまい、どうしたらその「光の玉」の情報を世界に伝えられるのだろうかと、相当長い間悶々としていました。

そんな時期に、いちろーさんに出会いました。

いちろーさんは、不思議体験を現実につなげる方法を模索して何を言っているのかわからない私(笑)に気長にお付き合いいただいたき、インターネットの世界のことを手取り足取り教えてくださりながら、言いたいことを理解していただき、先見の明で私のアイデアに方向性を持たせて、こうホームページに反映していこうとプランニングしてくださいました。

当時はお片付けブームどころか、片付けや模様替えが仕事になるとは誰も思っていない時代のパイオニアでしたから、前例もありません。しかも訳のわからない不思議なことを言う(笑)。

それをよくぞ方向付けてまとめてくださったと感謝しています。いちろーさんは、先見の明がある頭がいい人です。

話の中から本質を見抜いて方向付け、インターネット上の形あるものに現してくれる。
天才というのはいちろーさんのような人のことを言うのでしょう。

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

 

ところで、なぜ、加藤が「クリエイティブ、エンターテイメント、世界観」というテーマについて講義ができるの?

理由1)「エンターテイメント業界」と「ビジネス業界」のハイブリッドな出身

なぜ、加藤が世界観について講義ができるのか?
それは、加藤がエンターテイメント業界』『ビジネス業界』両方のハイブリッドな出身だからです。

エンターテイメントビジネス
この両極端ともいえるエリアの経験を同時に持つ。たぶん、日本を見回しても皆無に近いと思います。

エンターテイメント業界で扱うものは、世界観そのものです。
10年以上前、起業当初は、IT会社という仕事と並行して、おもちゃのバンダイさん主催の機動戦士ガンダムシリーズや仮面ライダーシリーズ 、ウルトラマンシリーズ、少年ジャンプ主催の大イベント「ジャンプフェスタ」などで、バンダイのステージである「ワンピース」、「ドラゴンボールシリーズ」、「NARUTO」など、多くのファンを持つアニメ・特撮イベントステージの脚本絵コンテ等、プロモーション企画の膨大な数の仕事をしていました。

目の前にファンがいて、直接、反応がわかってしまうのがエンターテイメントのイベント舞台。

相手が子供であろうと、大人であろうと、ファンは同じ。
ファン心理を甘く構えていると、すぐに見透かされてしまいます。シビアな世界でした。
先輩プロデューサーにしごかれながら、脚本を書くなかで、

ファンになってもらうために、どのようにつかみこちらの世界に惹き込めばいいのか
どのようにすればファンが熱狂するのか?

を意識しながら書いてきたといっても過言ではありません。
業界の先輩方から「世界観とは何か?」「エンターテイメントとは何か?」というものについて、多くの教えと学びをいただきました。
どうやら、それが今のプロデュースというビジネスにおいても染みこんでいるようです。

また、これは加藤の幼少期からの話になりますが、
小学1年生からマンガ家になることを志し、高校生になるまでマンガを描き続け、
友人と同人誌を作り続けていました。
小学校高学年になってからは、演劇にも目覚め、演じる側と脚本を作る裏方側と両方をやってきました。
高校生から20代までは、ロックバンドを組み、ギタリストとして活動をしてきました。

「マンガ」や「音楽」に共通するのも、ある意味、世界観といえるでしょう。

つまり、幼少のころから現在まで、30年以上「エンターテイメント」や「世界観」というテーマと向き合ってきたというわけです。

 

理由2)”視聴率の怪物”エンターテイメント業界の巨匠にも認められている

自分で言うのもなんですが、加藤は、テレビやマンガなど、エンターテイメント業界の方々から熱い支持を受けているようです。フジテレビ黄金期をつくり、テレビ業界から『視聴率の怪物』の異名を持つ元・フジテレビ ゼネラルプロデューサーの王東順さんと、2008年に、2度にわたってコラボセミナーを行い、それ以来、王東順プロデューサーからも熱い支持をいただいております。
これまでの加藤一郎のセミナーにも何度もお越しいただきましたし、以前、この講座の前進となった『世界観ブランディングの学校』の授業にもスペシャルゲストとしてもお越しいただきました。

 

理由3)コミックス業界の方にも面白がられ、支持をいただいている

2012年からこれまでの間に、マンガの世界では老舗の出版社である
小学館発行のコミックス「闇金ウシジマくん」「山口六平太」「ハクバの王子サマ」などの取材に何度も登場しております。

「なぜ、僕に何度も取材をいただているのでしょう?」と副編集長さんや編集・ライターさんにお聞きしたところによると、
こんなに面白い人は数年に1度しか出会わない。何を振っても、絶対にこちらが想像もつかないような回答をくれるので楽しみなんです
ということなのだそうです。
数多くの面白いマンガ家さんがいるコミックという業界で、こういう評価をいただけるのはとても光栄です。
こういったことを踏まえると、加藤が「エンターテイメント」や「世界観」について語っても良いのでは?と判断をしました。

 

>今すぐ申込みます!という方はこちらをクリック!

 

学校では、何を「コア」として学んでいくのか?

主に、これらのスキルを習得していきます。

・『コンセプト』のスキル・・・アテンション(注目を集める、刺さるプロダクト等)の入り口をつくるため
・『伝え方』のスキル・・・こちらの世界に惹き込み、成約やファンをつくるため
・『導線設計』のスキル・・・経路をつくるため
・『36種類ブレークスルーパターン』・・・自分の条件に合ったブレークスルー設計をするため

 

コンセプト』のスキル

アテンション(注目を集める、刺さるプロダクト等)の入り口をつくるため

スティーブ・ジョブズも、こう言っています。

LPを作って、広告を出しても成約しない、お客さんが増えない・・・
この原因の80%は、コピーライティングが悪いのではなく、プロダクトのコンセプトが刺さらないことが原因であることが大半です。

とくに、ゼロスタートの人は、初見の人の目を奪い、刺さるもの、ツカミ」がなければ、いくら優秀なLPを作っても、広告を打ちまくっても、いつまでもお客さんが増えず、絶対に前に勧めません

「停滞している・・・」と悩む多くの人が「最初の突破口」となるものが作れなくて、立ち止まっているようです。
まず、最初の突破口が開けるか否かは、「出会いのプロダクト・世界観」のコンセプトの刺さり具合運命が変わると言っても過言ではありません。
あなたも、ぜひ、初見の人の目を奪う刺さるプロダクトツカミを作ってください。

 

伝え方』のスキル

ここでいう伝え方には、3種類があります。この講座では、この3つを総称して伝え方と呼んでいます。

1)「売るための伝え方のスキル
2)「つかんで、惹き込んで、(相手を)動かすスキル
3)「デザイン演出のスキル


1)「売るための伝え方のスキル

これは、あなたもよくご存じのセールスライティングセールストーク、プレゼンスキルです。
LPやHPなどに書く文章であったり、人前でプレゼンをする際にも重要なスキルとなります。
このスキルがあるだけで、収入は倍増します。現実的なビジネスの収益に直結してきます。

 

2)「つかんで、惹き込んで、(相手を)動かすスキル

言葉を制するものが世界を制する

マーチン・ルーサー・キング牧師、オバマ大統領、ジョン・レノン(ザ・ビートルズ)、孫正義、スティーブ・ジョブズ、・・・etc
人類の記憶に残っている偉人
や、一流と呼ばれる人強烈なファン(支持者)が多い人は、なぜか、みな、こういうエンターテイメントな言葉のスキルを持っています。
もう10年以上も前から、僕は、「言葉を制するものが世界を制する」と表現していました。

例えば、物を売るときやプレゼンをするときでさえ、ただ単に買ってもらうだけ言葉なのか、相手が楽しんだり、魅了・感化されたりする言葉なのか?その差で、お客さんは、ただの購入客になるのか、ファン支持者になるのかが決まります。

また、キーマンインフルエンサーなど大きな力を動かすときの交渉の際にも絶大な威力を発揮します。
この技術を身につけたことで、ビジネスだけでなく、人生をも大きく変えた塾生さん達がたくさんいますよ。

 

 


3)「デザイン演出のスキル


これは、主にビジュアル表現のスキルです。たとえば、HPやLP等のCGデザインなどのビジュアル演出などです。
マーケティング上でも、ビジュアルには、初見の人の目を引きつけたりわかりやすくする効果があることで、成約率アップにおける重要な役目があります。また、自分の世界観を表現することで顧客に対してのイメージの訴求という意味でも重要な「伝え方」のスキルになります。

 

導線設計』のスキル

スピーディーにブレイクスルー、ブランドポジションを獲得できる秘密は、『戦略的導線』をつくるから。

『戦的導線』だけでなく、『戦的導線』2つを設計するのがミソ

多くの起業系の塾では、どこでも、明日の売上を上げるための『戦術的導線』は、よく教えていると思います。
たとえば、LP(ランディングページ)を作り、セールスコピーライティングを施し、そこに検索エンジンやSNS、広告などからアクセスの導線を引き、成約(CV)を獲得していくといった導線です。
もちろん、それは基本となるもので、必須です。この講座でも教えています
実際、毎週の授業でも、塾生さん達のLP(ランディングページ)の添削は、生中継でバシバシやっています。


目の前の売上を上げる『戦術的導線』


大きな動きをつくる『戦略的導線』

しかし、残念ながら、そういった手法は、すでに広まっていて、ライバル他者も大勢、同じようにやっていることなので、大きな違いは生み出せません。なかなか差がつかず、埋もれていく、ライバルが増えて反応率が下がっていく・・というのが現実です。
ブランドポジションも獲得できません。

 

スピーディーにブレイクスルー、ブランドポジションを獲得できる秘密は、『戦略的導線』をつくるから。

加藤プロデュースの特徴は、スピーディーブレークスルーをつかみ、一気にブランドポジションを獲得することが多いことにあります。
その秘密は、”業界の中のこのブランドポジションにまで上り詰める!”というゴールから逆算した『戦略的導線』の設計です。

スピーディーにブレイクスルーし、ライバルとは一線を画す『圧倒的なブランドポジション』に行くには、戦術的導線だけではなかなかたどり着けません。たどり着けるとしても時間がかかりすぎます。その間にキャッシュが枯渇して倒れてしまいます。

・目指すポジションであるゴールから逆算してどんなパーツを意識して事前に用意しておく必要があるのか?
・どういう手順で、どういう作戦行動をとることで、手にすることができるのか?
・どういう仕掛けで、いつ発動させるのか?

こういった逆算の設計とそのための実行作戦が必要になってきます。これが、戦略的導線です。
これらは、なかなか他のビジネス塾では提供されていないようですので貴重です。

この画像資料は、以前、僕がプロデュースをした人の
完全ゼロからデビューし、本を出版し、4万部のベストセラーになり日本中で有名になるまで』のロードマップです。

①デビューしたてのゲリラ活動期
②話題が増幅してくる話題増幅期
③いよいよメジャー化してくるメジャーデビュー期
に分けて設計がされています。それぞれの時期に、どのようなアクションをとっていけばいいのか?を詳しく事例をふまえながら解説しています。

もう15年以上、数々の人をプロデュースを何度も行ってきましたので、僕は、この時間軸でのマップが完全に頭に入っています。

この学校では、ブレイク、ムーブメント化を起こすための設計として、このような時間軸でのロードマップも学んでいただきます。
これを知っているのと、知らないのとでは、10年スピードが違ってきますので。

ロードマップを事前に知っていることで、
・今、自分はどのステータスにいて
・次は、いつごろ何をしかけていけば良いのか?
・それには、今、どんなパーツを準備しておけばいいのか?
が事前にわかるようになり、時間軸でのイメージを手に入れ、ゴールから逆算した準備、行動ができるようになるというわけです。
こんな実際の現場データから学べるのは、日本の中でもこの学校だけだと自負しています。

 

『36種類のブレークスルーパターン』

僕のこれまでのプロデュースでの特徴として、『ブレイクスルーまでのスピードが異常に早い』と言われることがよくあります。
さきほどご紹介した、「著名人からの評価の声」の欄で石田健さんからも、このような声をいただいていました。

実は、その秘密がこれです。36パターンの作戦ファイルです。
普通のマーケターがやらない、思いつかないことを組み合わせるからです。

全て、加藤が22年間、実際のプロデュース現場で実践し、ブレークスルーした要因を分析・抽出されたリアリティのあるノウハウです。
戦略テンプレート」というべきものでしょうか。

どこかのビジネス書やGoogleに書かれているようなものをひっぱってきて書いたようなものではありません。(笑)
実際の現場から生まれたものである生々しさを感じることができると思います。自分の持つ条件をふまえ、
この36パターン中から使えるものをチョイスし、組み合わせてブレークスルーパターンを構築してみてください。

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

 

 

授業のスタイルは、どのように進めていくのか?

日本全国・世界各地のご自宅からオンラインでご参加・学習いただけます。

オンラインの教科書教材リアルタイムのオンラインディスカッション授業」+「チャットによる質疑応答・壁打ちでの学習を用意しています。
(リアルタイムのオンラインディスカッション授業に参加できない方には録画収録した映像を配信します)

申し込み決済完了後24時間以内に、教材を閲覧できる「受講生専用視聴サイト」のURLとパスワードをお送りしますので、ぜひ、事前に見てみてください。

資料、ツール、教材動画等は、参加時に全て配布されます膨大な量がありますが、一気に全部やる必要はありません。
困ったときに調べる・使うライブラリー的なものだと考えていただければ良いです。

なぜかというと、
受講生さんごとに、今、どのようなステージにいるのか?
ビジネスにおけるテーマ、パーツの中で、今、何のテーマで悩んでいるのか?
事前に持っているビジネス知識、経験量、人生経験などが、人によって異なるからです。
ですので、ご自身のペースで学んでいただいてかまいません。

そして、教材で学ぶうちに、「自分の場合は、ここは、どのようにすれば良いのだろう?」といった質問や相談したいことなどがでてくると思います。

そういった質問や相談したいことなどを 毎日のチャット毎週土曜日のオンラインディスカッション授業で質問をしていただき、加藤がそれに答えたり、生徒さんと一緒にディスカッションしたりワークをしたり実践していきます。これが重要なんです。

これは、学習というもの全般においての話ですが、実際に問題を解いてみたり、質問をすることは能動的行為、アクティブラーニングのひとつであり、そういうときに、はじめて脳内に深くインプットされるものです。そういったことを、毎週のオンラインディスカッション授業では意識をしています。
また、加藤自身が研究した最新事例や新たに発見した理論なども、オンラインディスカッション授業の中でシェアしていきます。
最近、増えてきたサロン」のようなものと、「濃厚な教科書教材や資料」が合体したようなスタイルだと捉えていただければ良いと思います。

 

加藤さんは、プロデューサーとしてどんなスキルを持っているの?

一言にプロデューサーといっても、人によって持つスキルは異なりますよね。
加藤がプロデューサーとしてよく使っている自分の機能を、ここに書いておきますね。

1)コンセプター機能
2)戦略参謀機能
3)コンテンツディレクター機能
4)マーケティングディレクター機能
5)ビジネスモデル(収益モデル)ディレクター機能
6)セールスライター機能
7)コピーライター/スピーチライター機能
8)クリエイティブディレクター機能
9)ITディレクター機能

このように、9つのスキルを同時に駆使できる人間は、日本でもかなり希少な存在だと思っています。
逆にいえば、これらを同時にできるからこその多チャンネル視点からのブランド作り、ビジネスづくりができる、といってもいいかもしれません。

 

>今すぐ申込みます!という方はこちらをクリック!

 

圧巻の分量の教科書教材・ツール・動画の内容

あなたにとって、5年先、10年先も使える一生の財産になるであろう教科書教材・ツール・動画達です。
悩んだり、迷ったりしたら、すぐにこの教材達を見てください。使ってください。どんどん実力がついていきます。

資料、ツール、教材動画等は、参加時に全て配布されます。
膨大な量がありますが、一気にやる必要はありません
困ったときに調べる使うライブラリー的なものだと考えていただければ良いです。

毎週1回のオンラインディスカッション授業で、受講生さん達からの相談や壁打ちをする際に、実際にこれらの資料やツールを使いながら、何度も実践的に使っていきますので、「あ、なるほど、こういう場合は、この資料・ツールをこういう風に使うんだな!」ということを臨場感を持って体にインストールしていくことができると思います。

 

①受講生専用のメンバーサイト

ここに資料や思考ツール、チェックリスト、解説動画、毎週のディスカッション授業収録映像が格納されています。
自分で作業をしたり、考えたりする際に、このサイトを開いて、必要な資料やツールを使っていただくことで、どんどん使いこなすことができるようになります。

また、受講生さん達からのフィードバックを得ながら、新しいツールや資料も追加予定です。

 

②『36種類のブレークスルー作戦パターン』の図解・解説資料

僕のこれまでのプロデュースでの特徴として、『ブレイクスルーまでのスピードが異常に早い』と言われることがよくあります。
さきほどご紹介した、「著名人からの評価の声」の欄で石田健さんからも、このような声をいただいていました。

実は、その秘密がこれです。36パターンの作戦ファイルです。
普通のマーケターがやらない、思いつかないことを組み合わせるからです。

全て、加藤が22年間、実際のプロデュース現場で実践し、ブレークスルーした要因を分析・抽出されたリアリティのあるノウハウです。「戦略テンプレート」というべきものでしょうか。どこかのビジネス書やGoogleに書かれているようなものをひっぱってきて書いたようなものではありません。(笑)
実際の現場から生まれたものである生々しさを感じることができると思います。自分の持つ条件をふまえ、この36パターン中から使えるものをチョイスし、組み合わせてブレークスルーパターンを構築してみてください。

 

③コンセプトとは?の解説資料と動画

コンセプトという言葉は、よく使われているにもかかわらず、抽象的すぎて腑に落ちないという人も多いですよね?そもそも、コンセプトとは何か?をわかりやすく解説した資料と動画です。とくに初心者の方で、コンセプトとは何か?と聞かれてうまく答えられない、理解ができていないかも?という方は、ぜひ見てみてください。
ヒントは、「刺さる、売れやすいコンセプトは、1本の背骨が通った美しいロジカルなストーリー、プロセスを持っている」というところです。
この資料・動画では、具体的な自社プロダクトのコンセプトが生まれるまでのプロセスを記載してあります。
資料

 

④コンセプト発想シート

さぁ!何を売ろうか!と考える際に、いろいろな思考が散らばって整理できないことって多いですよね?ぜひこれに記入しながら考えてみてください。思考を整理しやすくなりますよ。

⑤コンセプト発想ー問題発見シート記入例

売れやすいコンセプトの発想は、基本は、問題発見、疑問発見からはじまります。その記入例を書いていますので、ぜひ、見ながら書いてみてください。

 

⑥プロダクト設計思考シート - 既存商品を”儲かる方向”へ「ひねり」 を入れるアイデア集

すでにプロダクトはあるけど、同じ業界のライバルと同じようなもので、お客さんの目に刺さらない!つかむことができない!なかなか売れない!と悩んでいる人も多いと思います。そんなときは、この設計思考シートを使いながら「儲かる方向へのひねり」を入れてください。コツが書かれています。

 

⑦プロダクトコンセプト言語化シート&記入例シート

あなたは、自分が企画したプロダクトを人に伝えてください!プレゼンしてください!と言われたとき、シンプルに、かつ刺さるように言語化されていますか?
せっかくいいプロダクトの企画でも、言語化しておかなければ、いざ人前でプレゼンの機会や営業をするタイミングで、言葉に詰まって伝えられず、チャンスを逃してしまいます。チャンスを掴む人というのは、事前の準備ができている人です。そのためのシートです。言語化しておくことで、自分の頭の整理にもなります。コピーライティングを書く際にも、事前にこの言語化ができていると、ライティングが非常にラクになります。記入例もセットにしてありますので、見ながら書いてみてください。

 

⑧コンセプトチェックシート37項目(資料・動画)

これは、一度、プロダクトのコンセプトやアイデアを思いついた際に、「それが儲かりやすいアイデアかどうか?安全かどうか?」等を事前にチェックするためのチェックリストです。もちろんこのチェック項目37個すべてを満たしているアイデアというものは存在しませんが、チェックを入れていくことで、どれくらい強いプロダクトになるのか?の判断材料になると思います。既存の塾生さん達からもとても高評価をいただいております。

 

⑩「選ばれる理由」構築14のチェックリストシート

ビジネス書などには、よく、「選ばれる理由を明確にすること」と書かれていますよね?
実際、芸能人でも会社でも、セルフプロデュースがうまい人は、間違いなく、自分・自社が選ばれる理由を客観的に『言語化』できています。しかし、実際、「じゃあ、選ばれる理由って、どれだけの種類があるの?」ということを調べようとしても具体的に書かれているものは皆無です。なので、作りました。当然、選ばれる理由が1つよりは、複数あるほうが有利です。
このチェックリストは、自分が現在持っている「選ばれる理由」だけでなく、「あ!他にも、こんな選ばれる理由ならつくれそうだぞ!」と未来の選ばれる理由づくりのための目印となります。ぜひ、プロダクト設計、事業設計の際には、このチェックリストを見ながら設計してみてください。毎週のオンラインディスカッション授業でも、このシートは良く使います。

 

⑪ネーミングをする際の資料

「商品名やブランド名を考えるとき、どんなネーミングをつけると良いのか?」とよく相談を受けます。ネーミングは非常に重要です。ネーミングを変えただけで売れることが良くあるのは、有名な話。しかし、ネーミングには、マーケティング用のネーミングとブランディング用のネーミングがあり、それぞれ方法論とコツが違っているということを、ほとんどの人は知りません。この資料では、ネーミングをする際のコツや、やってはいけないネーミングのコツを解説しています。

 

⑫HP/LP構成設計シート・資料

LP(ランディングページ)やHP(ホームページ)など、どこに何を書けばいいのか?というのは、初心者の人はなかなかわからないですよね。
そういう場合に、何をどの順番で書けばいいのか?などが書かれています。これは、文章を書くときでも、しゃべって売るときでも、共通して使えます。マンガのキャラクターを使って、わかりやすく、楽しく解説してありますので、難しくありません。ご安心ください。
毎週のディスカッション授業でも、頻繁に使用する超・重要な資料です。

16年前、加藤がコピーライティングデビュー時に書いた毎月の利益を+プラス3000万円アップさせたLPも初公開。

 

⑬デザインの法則資料

人間の脳の働き方から逆算したホームページやLPのバナー画像デザインや色、文章デザインの法則等が解説されています。
LP(ランディングページ)やHP(ホームページ)などを実際に作成する場合に、これを見ながら作っていただくと反応が良いサイトやページが作れます。もちろんブログにも使えます。

 

⑭LP、メルマガ、ブログでの「成約率をアップさせるための重要ポイント」チェックシート

「ここの2行を変えるだけで、いきなり登録が12倍になった・・・」(実話)という、そんな重要ポイントというものがあります。LP(ランディングページ)やHP(ホームページ)、メルマガ原稿などを作り終わったあとに、再チェックすべき重要ポイント集として解説してあります。「え?こんな細かい部分で、こんなに反応ってかわるものなの?まじですか!」とびっくりする体験ができると思います。

 

⑮ライティングチェックリスト

LPを作成した際に、漏れがないように最後にチェックすべきリストです。
(1)必要な構成パーツのチェックポイント
(2)成約率を上げるための細部のチェックポイント
(3)デザインの工夫・意識チェックポイント
(4)本文領域のチェックポイント
が一覧チェックできる表になっています。LPを作り終わったら、チェックリスト表をみながら最終チェックに使ってください。漏れがなくなります。

 

⑯売れない・反応が悪いときの20項目のチェックリスト

「告知をした。しかし・・・思ったように売れてない・・・。なぜだ?」
こんなときに、「どこが原因なのか?」という仮説を立てるためのチェックリストです。
売れない理由を仮説で出す際に、ゼロから考えるより最初からチェック項目を作っておくと順番に見ていけばいいので、漏れがなく、時間の無駄もなくなります。

 

⑰短い時間で相手をひきつける「ミニマム・プレゼン®」(資料・動画)

これは、2020年に、新しく開発したプレゼン手法です。現代人は、みな、時間がありません。(SNSやったり、Youtubeみたり・・・)
短い時間でつかまないと、どこかへ行ってしまいます。長いセールスレターを書いても、なかなか読んでもらえません。(※長いセールスレターを書かなくて良いという意味ではありませんそこで、SNSで記事を書いたり、人に話したりする際に短い時間で、相手をひきつけ、行動(アクション)してもらえるようにするには、どんな構成で書いたり、しゃべったりすればいいのか?を考え、設計しました。これは、Youtubeなどでしゃべるときにも応用ができますので、ぜひ、試してみてください。

 

⑱相手の目を奪う『アテンションの技術』資料

現代は、人々の「目」の奪い合いの時代ですよね?毎日、大量の広告が目の前に流れてきてませんか?
そんな時代に、いかに注目を集めるか?刺さるか?注意を引きつけられるか?のスキルは避けて通れません。
この資料では、さまざまなテクニックを解説していますので、メルマガやブログを書くときや、広告を出すときに使ってください。
この技術が使える応用範囲は、幅広いと思います。

 

⑲導線設計図シート

これは、自分の集客導線などを図解化するシートです。Googleスライドで作成してありますので、コピーして自分だけの導線マップを作成して日々のマーケティングに活かしてください。このシートも毎週のディスカッション授業でよく使います。

 

⑳マーケティングToDo実行管理チェックリスト

「マーケティングって、やることいっぱいありますよね?LPとか申し込みフォームとか、決済カートの設定とか・・・次に何をやればいいのか、ごっちゃになって、わからなくなるときがあるんです・・・」という塾生さんからの声にお応えして、マーケティングにおける「別名:次に何をやればいいのかToDoチェックリスト」をつくりました。
Googleスプレッドシートになっていて、終わった作業には、「消しこみ」ができるようになってます。自分オリジナルのToDoリストも挿入できます。コピーをして、プロジェクトごとのマーケティング作業に使ってください。

 

㉑人間タイプの解説資料

いったい、どんな訴求の角度で企画、セールス、オファーをするといいのか?」と悩むことってありますよね?
同じ見た目である「人間」といってもいろんなタイプの人間 がいます。人間の性格は、環境でも変わりますが、ほとんどは、生まれつき、遺伝的なものであることがわかっています。
この資料では、「脳タイプ」という視点で、科学的な見地から人間を知るというテーマを扱っています。
ビジネスをやる上で、自分のお客さんがどういう脳タイプの人が多いか をあらかじめ知っておくと、プロダクトの企画やLPなどのメッセージなど、訴求ポイントなどの選定をする際に、はずしにくくなります

 

㉒『自己との対話ノート』と『時間管理』(資料・動画)

仕事の進むスピードが早くなります。こんなことありませんか?
「ついダラダラしてしまって、知らないうちに時間だけが過ぎてゆく。今日やるべきことができなかった!」
「問題が発生した!どうしよう・・・」
「ずっと抱えている悩みがモヤモヤと自分の頭の中で邪魔をして、前に進めない・・・」

「ビジネスがうまくいかない。前に進んでいない・・・」と悩んでいる人の原因の80%は、実は、日々の生活の仕方や心の問題、時間の意識・使い方だった、ということが、これまでの塾生さんからのフィードバックで判明しました。
実は、僕もありました。それを矯正するために、僕は大学生のころから『自己との対話ノート』というノートを作って書いていました。これを書くだけで、どんどん自分の脳を外部からコントロールすることができるようになり、自分の行動をコントロールすることができるようになります。また、それだけではなく、問題解決能力が備わっていきます。論理的思考力もついてきます。頭が良くなります。頭の中にあったモヤモヤが消えて、快晴の空のようにスッキリします。

これは、既存の塾生さんにも、1年以上前から実行してもらって、「悩む時間が大幅に減った!仕事のスピードが上がった!」という声をたくさん届いています。ぜひ、あなたも使ってみてください。ビジネスだけじゃなく、人生まで変わります。

 

 

㉓効果バツグン!仕事をやる前の「頭と体とメンタルの環境設定」シート

これは、1日のはじまりから終わりまでの「自分の肉体的パフォーマンスを最大化させるため」のシートです。
時間管理とは、実は、自分の肉体のエネルギー管理だったりします。
なぜなら、同じ時間でも、疲れているときと、元気なときでは、頭の働きや回転スピードも違うからです。
時間の流れが一定でも、自分の肉体のエネルギーに大きなばらつきがでてしまうとパフォーマンスが安定しません。それは仕事の結果に大きく影響します。
1日に使えるエネルギー量は、限られています。決まった時間の中で、どのようにエネルギー配分をするか?で効率が変わってくるわけです。
ということは、そのエネルギーマネージメントがうまい人は、下手な人に比べて、同じ時間内でも何倍ものパフォーマンスを発揮できるともいえるわけです。
僕は、18歳で大病をした際に、入院中の病棟の中で、『人間は、結局、、単なる物質だ。心(と思っているもの)でさえも実は、単なる電気信号にすぎない。』ということに気づきました。
頭と体とメンタルは、つながっています。それぞれが相互に影響しあっています。とはいえ、そのどれもが物質であり、電気信号です。
だとすると、外部からの物質や環境によって反応を変化させることも可能なはずです。
それを「食べ物」、「体の使い方」、「環境」という外部からのコントロールで制御するという方法論を解説しています。

朝から夜までのサンプルルーティーン、エネルギーマネジメントのための食べ物、ガジェットを解説

㉔『世界観型ビジネス』3タイプの資料・動画

一口に世界観型のビジネスといっても、さまざまなパターンや種類があることがわかりました。自分が属する業界や自分自身、会社自身のキャラクターに合ったスタイルがあるはずだ!と考え自分自身がこれまでプロデュースしてきた顧客事例やその他の世界観型ビジネスと思われる事例を元に分析を行いました。そして生まれたのが3パターンです。「自分は、はたしてどの世界観型のパターンになるのか? どんな風に演出、展開してけばいいのか?」を手にしてください!

 

 

㉕メッセージスクリプト(My哲学) ー 共感・応援してくれる人が集まるスクリプト

「ゼロの状態から、言葉1つで、1週間で140万円の応援金が集まった!」
「金融機関の融資の額を大幅にアップしてくれた!」

あなたのメッセージに共感・共鳴して応援してくれる人協力してくれる人、拡散してくれる人を生む魔法のスクリプトです。

クラウドファンディングなどでも、メッセージスクリプトがある人とない人とでは、オーディエンスの感情の集まり方が違います。
塾生さんの事例では、手元に何もなかった起業家が、このメッセージスクリプトを元に、周りの社長さん達に自分の事業ビジョンの話をしたら、1週間で14名の社長さん達から1人10万円ずつもらことができ、それを元手に会社を作った受講生さんがいます。
また、別の塾生さんの事例では、信用金庫に融資の申請に行った際に、このメッセージスクリプトを元に担当者と話をしたところ、心を動かされた担当者から、「感動しました。当初の予定の融資額よりアップできるようにします。私にまかせてください!」と大幅な融資額アップが達成できました。

このように、言葉の力、伝える力は、なにもセールスをする時だけではなく、共感や共鳴を獲得し、お金・人・時間を大きく動かす巨大なパワーを持っているんです。ぜひ、あなたにも、その偉大な力のすごさを実感してほしいです。

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

 

 

ボーナス特典 その1

【動画】と【資料】”マスコミ仕掛けの裏側”講義動画、マスコミ取材のプロフェッショナル 浦上さん作成の濃厚なPR資料PDFをプレゼント!


『マスコミ仕掛け』の天才!「流しそうめん世界大会」「電車ごっこ世界大会」など
膨大な数のマスコミ取材を仕掛けた”左利き専門文房具店”社長 浦上裕生さんによる
”マスコミ仕掛けの裏側”講義動画、そして、浦上さん作成の濃厚なPR資料PDFをプレゼント!

ゲスト?として、マスコミ取材を集めまくるプロフェッショナル浦上裕生(うらかみ・ひろお)さんが飛び入りで
マスコミ仕掛けの裏側のノウハウを伝授してくださったときの講義動画です。

浦上さんは、相模原にある「左利き専門」の文房具屋の3代目社長さんです。
これまでも、もう数えられないほど、マスコミ取材を仕掛けてきたプロ中のプロです。

以前、相模原の知名度アップと盛り上げのために、
2014年「流しそうめん世界大会」を開催した本人です。
あのロケットニュースでも紹介されました

フジテレビの女子アナ、ミタパンも取材にきました!(いいなーーーー)
他にも、「電車ごっこ世界大会」などなど、
仕掛けたマスコミ戦略の数はハンパないです。

プレスリリース関連のセミナーに参加したことがある人はいるかもしれませんが、
ここで聞いた話は、他で聞いたことのなかったリアリティあふれる内容でした。

 

ボーナス特典 その2

【動画】『マスコミ報道連鎖の仕掛け

マスコミによる報道連鎖は、ムーブメントを起こすために必須の条件です。
「介護者メンタルケア協会」を主宰している橋中今日子さんがNHKの人気ニュース番組「NewsWeb」に塾生さんである出演しました。
すると、今度は、NHKの2つの別の番組から「橋中さんの講座の中身を取材したい!」とのオファーが。さらに、立て続けにTBSの報道番組「News23」からも取材が。報道連鎖が起きました。ここがターニングポイントとなり、橋中さんのもとに、ダイヤモンド社さんから出版のオファーが来て出版。さらにそれが契機となり、台湾での講演など進出。

で、実は、最初のテレビ取材であるNHKに出演するために1年前から僕と橋中さんとは、戦略を組み立てていました。それは・・・・

 

ボーナス特典 その3

【動画】巨大流通を手に入れろ!<Part1>  無名だった個人規模の菓子メーカーさんが、有名デパートに仕掛け、地元で有名な名菓になるまでに仕掛けたこと

大手の流通先を個人でも開拓したい!という人は必見の内容です。

全く無名だった個人規模の菓子メーカーさんが、イオン、伊勢丹、セルバなど有名デパートに仕掛け
仙台中で有名な名菓になるまでに仕掛けたこと

仙台では名菓となった「うさぎ屋本舗」の社長 岡崎博明さんが、ゼロからスタートしたばかりのときに、個人ではなかなか展開できないイオン、セルバ、伊勢丹など有名ショッピングセンター、デパートにいかにして仕掛けたのか?を
加藤が授業で聞きまくりました。
大手の流通先を個人でも開拓したい!という人は必見の内容です。

 

ボーナス特典 その4

【動画】巨大流通を手に入れろ!Part2 小さなカレー屋さんが大型書店でカレーを売って大成功

これは、以前、うちの塾生さんである長野県にある個人経営のカレー屋「カレーの大原屋」さんの「カレーな小瓶」を長野県にある大型書店で販売してもらう!という、とんでもない作戦を思いついて、成功したときの方法論を解説しています。
これがキッカケとなり、その後、「カレーな小瓶」は、あの有名ショップ『ヴィレッジバンガード』にも置かれるようになりました。

そもそも「なぜ巨大書店でカレーを売ってもらうという非常識なアイデアを考え出したのか?」という戦略理論の解説、そして、 まったくのツテも、つながりもない巨大書店に、「うちのカレーペーストをここに置かせてください!」と最初に店員さんにお願いするときにはどのようにアプローチをすればいいのか?といった口説きのシナリオなど、まるで冒険活劇を見るような興奮と面白さをご覧ください!もちろん、あなたも応用できますよ。

 

ボーナス特典 その5

【動画】『がんばらない介護』(ダイヤモンド社) 著者デビューした橋中今日子さんの出版までのロードマップ解説

これから本を出版したい!」と考えている人にとっては宝のようなリアリティ溢れる内容です。

2017年に出版され、2021年現在もロングセラーで売れ続けている『がんばらない介護』(ダイヤモンド社・刊)著者である
「介護者メンタルケア協会」代表の橋中今日子さんに、「いかにして出版社からオファーが来ることになったのか?
そこに至るまでのゼロからのロードマップを、橋中さん本人にも登場していただき解説していただきました。

 

ボーナス特典 その6

【動画】元・ライブドア ホリエモンの左腕 渡邊健太郎氏の講義

ゲストに、元・旧ライブドアホリエモンの右腕として活躍し、
自身でも年商20億円のコンタクトレンズ通販会社を経営していた
渡邊健太郎さんに(飛び入り)登場していただき講義をしていただきました。

どんな商品を企画するといいのか?を考える際に、非常に重要な視点です。
ヒントは○○に入り込む商品をあえて選ぶです。
天才的な会社は、やはり、商品選定の時点から選ぶ眼が違います
詳しくは、この動画をご覧ください。

 

ボーナス特典 その7

【動画】『フォース入門』〜 フォースを使え!イメージが現実を動かす 〜

「フォース」といえば、映画『スター・ウォーズ』に出てくる超能力のような力。もちろん、スター・ウォーズは、架空の話なんですがここ数年、実は、「フォース」というのは本当にあるんではないか?という仮説が、僕の中で生まれてきました。
僕は、スピリチュアル系や自己啓発系の人間ではないのですが、ここ数年、『人間の持つイメージ力』が、どれだけ未来の現実化に影響を与えてしまうのか?という結果が、僕自身の事例でも、塾生さんの事例でも、もう、膨大に出て来てしまったからです。そのような話を二重スリット実験など 「科学的な見地」から解説しました。
また、塾生の英会話講師 吉野ヘシルさんは、この授業を受けた1ヶ月後に、超有名カウンセラー心屋仁之助さんが、ヘシルさんの英会話スクールの生徒さんになってしまう!という夢が現実化したのでした。もちろん、2人は、事前になんのつながりもなかったのです。
しかも、心屋さんが吉野ヘシルさんの英会話スクールのシェア説明会を開催してくださり、その影響で一気にブレイクしてしまったのです。

吉野ヘシルさんからも「このフォースの講義、超・おすすめの授業ですよ!」という声をいただいています!

 

ボーナス特典 その8

【動画】『コミュニティビジネスの創り方』人類最強のビジネスはコミュニティビジネスだ!
コミュニティメディア運営歴15年
のノウハウがたくさん。

人類の歴史上、最強のビジネスは、コミュニティビジネスです。
2000年以上続く宗教だって、コミュニティですからね。そして、それは今でも変わりません。
facebookもコミュニティ、2ちゃんねるもコミュニティ、ニコニコ動画もコミュニティ、ライバーの人たちが集まっている場所もコミュニティ、ハーレー・ダビッドソンもコミュニティ・・・。
実は、今、流行中のオンラインサロン的なものを、加藤は、15年前の2006年からネット天動説SNS」というオリジナルSNSを独自で立ち上げ、運営してきました。(※現在は、FBグループ「合言葉は、(爆)!B地区の人々」に引っ越し)
このコンテンツでは、加藤が以前(2006年ごろ)、当時、週刊アスキーでも”特徴のあるSNS”として特集されたSNS「ココロ・プラネット」(写真:右)の立ち上げ時に、副社長・プロデューサーとして就任し、コンセプト設計や立ち上げから実施したことや、加藤が2006年に独自に立ち上げたオリジナルSNS「ネット天動説SNS」、FBコミュニティ「合言葉は、(爆)!B地区の人々」などの立ち上げから、運営までのノウハウも解説しています。

コミュニティ運営歴15年のノウハウは濃いですよ。

「コミュニティビジネスをやりたい!」という人は、このコンテンツを見ていただくととても参考になると思います。

 

他、受講生さんからのご要望があれば、さまざまなツールや資料も追加していきます。

 

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

オンラインディスカッション授業の日程・期間 (毎週土曜日 夜20時〜22時)

期間は、6ヶ月 (24回)
全て、ZOOM による「オンライン形式の授業」です。


毎週土曜日20時から2〜3時間 ZOOMによるオンライン講義で、参加者さんからの相談・壁打ち
ディスカッションをさせていただきます。

 

最後に

「あなたの人生の転換点(ターニングポイント)となる”きっかけ”を取りにきてください。」

人生と時間の濃度は、決して一定ではありません。
たった1日の出来事が、その後の人生を左右するということが多々あります。

このページの顧客実績にも掲載しているように、
これまで、僕のところに来て人生の転換点(ターニングポイント)となるきっかけをつかんだ人がたくさんいらっしゃいます。



それは、経済的なものであったり、出版などによって大きくブランドステータスがアップした人であったり、生き方が変わった人であったり。人によってさまざまです。

そんな「きっかけ」を拾いにきませんか?

次は、あなたの番だと思います。

僕は、あなたの歴史的瞬間を一緒に目撃したいと思っています。
ぜひ、オンラインの授業でお会いしましょう!そして、楽しみましょう!

お申し込みは、こちらから

>次回募集の優先告知案内を受け取りたい!という方はこちらをクリック!

 

学校に関する質問など、問い合わせをしたい場合は、こちらからお問い合わせください。

 

Copyright© 新世界ブランディングの学校 入学申込みページ|加藤一郎 , 2022 All Rights Reserved.